WindowsでVLCを使用して画面を録画する方法

Wondershare Editor 編集者:

主に動画ファイルなどの再生に使用するVLCメディアプレーヤーでは、Windows画面録画を行うこともできます。専用のソフトでキャプチャーをするのと遜色のないクオリティで画面録画できます。ただ、あくまでVLCはメディアプレーヤーということもあり、Windows画面録画をするためには少し手順を踏む必要があります。


無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

Part1. WindowsでVLCを使って画面録画をする手順

1.VLCをインストール:まずはVLCメディアプレーヤーをお使いのパソコンにインストールします。公式サイトから最新版をダウンロード後、セットアップを起動して画面の指示に従いインストールを完了してください。

2.フレームレートの設定:「メニュー」から「メディアのキャプチャーデバイス」を開きます。次に「キャプチャーモード」をデスクトップに設定し、フレーム数を決定します。フレーム数とは1秒間の静止画数のことで、通常は30fpsです。より滑らかにキャプチャーをしたい場合は60fpsに変更してください。フレームレートの設定が終了したら下部にある再生ボタンをクリックし、「変換」に変えておきます。

フレームレートの設定

3.動画形式の設定:プロファイルを「H.264+MP3(MP4)」に設定し、横のアイコンをクリックして反映させます。動画形式は数種類の中から選択できますが、「H.264+MP3(MP4)」が画質、音質ともに最も標準的な形式となります。なお、録画されたファイルはMP4形式となるため、MP4が再生可能なプレーヤーが必要となります。VLCはMP4の再生に対応しているので、そのまま視聴も行うことができます。

動画形式の設定

4.ビットレートの設定:ビデオコーデックでビットレートの設定をします。目安は低画質が3000kbs、標準的な画質が6000kbs、高画質が12000kbs以上となります。ビットレートを上げれば画質は良くなりますが、その分録画ファイルの容量も大きくなるので注意しましょう。

ビットレートの設定

5.画面録画の保存先設定:最後にWindows画面録画の保存先を参照より選択してください。これで設定は完了です。あとは「開始」をボタンをクリックすれば画面のキャプチャーが開始されます。閉じると自動的に録画ファイルが保存されます。

画面録画の保存先設定

Part2. VLCよりも高機能な画面録画をするならFilmora Scrnが最適

VLCにはWindows画面録画をするための最低限な機能しか備わっておらず、より高機能かつ快適に画面キャプチャーをするなら、「Filmora Scrn」がおすすめです。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

無料試用版も用意されているので、手軽に使用できます。VLCと異なる点は画面録画だけでなく、録画した動画の編集機能が行えることです。シーンのカットやクロップはもちろんのこと、カーソルエフェクトを追加したり、注釈を付け加えることも可能です。また、録画したファイルはMP4の他、MOVやGIFにもエクスポートができます。さらにFilmora scrnでは録画する範囲を指定できるので、全画面以外にも枠線をドラッグで調整することにより、録画領域を変更することができます。ゲーム画面のみを録画する場合などに役立ちます。

Windowsで使える画面録画ソフトおすすめ


Windows画面録画はVLCメディアプレーヤーでも行うことができますが、より機能性と画質を重視するのであれば、画面キャプチャー専用ソフトである「Filmora Scrn」の方が適しています。VLCでは録画したファイルを編集する場合、別のソフトを使わなければいけませんが、Filmora Scrnなら標準で編集機能が備わっているため、利便性が非常に高いです。無料試用版も利用できるので、Windows画面録画を行う時はFilmora Scrnを試してみてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード windows版   ダウンロード mac版

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>