旅行中にGoProを賢くつかう5つのコツ

Wondershare Editor 編集者:

旅行動画を撮影するときには、使用するカメラによっても、出来上がりが変わってきます。 そんな旅行動画取るために非常によく使われて昨日的には色々と使い道があるカメラといえばGoProです。

GoProを使うことで自分好みの動画を撮ってから、公開しても十分な画質があり、視聴者も喜んでもらえる動画を撮影することができます。素人でも簡単に使いこなせて自分好みの動画をGoProで撮ることができます。

GoProを賢くつかう5つのコツを紹介する

GoProというものは一体どういうものなかまずは知らないと、GoProを使った動画は、今では当たり前のように大勢の人が使っている理由が理解できません。GoProというものは、小型で軽量のアクションシーンなどを撮影する事が出来るもので、防水機能を持っている小型カメラで手のひらに収まる程度のもので、高性能で小型カメラです。GoProを利用して、タイムラプスを使った動画制作も出来る優れた機能を持っています。長時間の映像を短時間に圧縮して動画を編集することが可能です。

GoProを使うときのコツ1

どんな撮影でも出来る丈夫なGoProです。棒の先にGoProをつけてから、その棒を投げ合っても壊れないので、棒の目線で動画を撮影する事ができます。これだけ丈夫なカメラは他にはないのではないでしょうか。リアルな、スポーツの動きなどを撮影する事ができます。

GoProを使うときのコツ2

なんといってもGoProの最大の特徴の1つでもあるのが、防水機能が優れていて、水につけても壊れることなく撮影する事ができます。その証拠に、食器洗浄機な中に入れてから、実際に食器と一緒に洗浄したときの映像を撮影することができます。食器洗浄機の中の水の動きを鮮明に撮影うることができて、普段見ることができない映像を撮影してから公開することができます。

GoProを使うときのコツ3

なんとGoProを車のホイールにつけてから走る車のタイヤの状態を撮影する事ができます。 普段見ることができないタイヤの回転を撮影してから、実際にどう動くのかを見ることができます。車の回転にも負けないくらい、強度を持っていて、乱雑に扱っても壊れないスグレモノです。難点があって、車のタイヤに付けた場合、回転に合わせた色鮮やかな景色は良いのですが、見続けていると目が回ってくることがあります。これだけの回転に耐えることができるので、いろいろな回転する基部につけてから、普段見ることができない映像をGoProで撮影する事ができます。

GoProを使うときのコツ4

ちょっと発送を変えてみると面白い映像を撮影することができます。風船に取り付けてから、ヒモでつないでいれば、なくしてしまうこともありませんので、GoProで空からの映像を撮影することができます。ドローンを飛ばして取らなければいけないような映像を、風船で撮影する事ができます。費用的にも風船代だけあれば済むので、費用をかけずに空からの映像を撮影することができます。ドローンのようにおうさを間違ってから、落下させてしまうこともあまりないので、安全に空撮することができます。

GoProを使うときのコツ5

GoProの最大の特徴であるフレーム数の多さを利用すると、フレーム数とは1秒間に撮影できる枚数のことで、このフレーム数が通常であれば30から50フレーム程度のビデオカメラと違って、最大で240フレームの画像を撮影できます。通常のビデオカメラでは撮影できないようなスローモーション動画を撮影する事ができます。

GoProを使うと、通常の世界とは違った別世界を撮影する事ができて、その動画を自分でも楽しめますし、撮影した動画を編集ソフトで色々と飾りつけをして公開すると、視聴者に喜んでもらえるような動画として見てもらえます。GoProを使うときに別途面白い器具なども販売されていて、頭につけて撮影できるヘッドストラップや、犬の頭につけることが出来るドッグハーネスなどもあります。

GoProで撮った動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

旅行コレクションーかけがえのない旅行の思い出をもっと楽しく編集


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>