Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

GoProとは?おススメ&使い方

Wondershare Editor 編集者:

アクションカメラの火付け役であるGoProは様々な場面で使用されており、最近ではyoutubeやその他のSNSでもよく目にするようになりました。小型で手のひらに収まるサイズ感なので派手なアクションをしている時やバイクや車の運転している動画など、激しい動作でも防水設計で安心して臨場感たっぷりの動画をとれるGoProの魅力と使い方を紹介します。

GoProの使い方

GoProの使い方としては基本的にスポーツやアウトドアで使用される事が多く、魚と一緒に泳ぐ映像を公式がプロモーションビデオとして公開しています。海の中でも通常と同じく撮影でき、あの小さなボディからは想像もできないような美しい景色がひろがっています。その他にはバイクやスカイダイビングのヘルメットに付けて普通では味わえないような過酷な速度の条件下でも安定した完全に映像で再現できる点でも重宝されています。もう一つGoProの特殊撮影機能を使った映像としてはタイムラプスビデオがあります。上記の様な激しいアクションでの使い方が一般的にイメージされていますが、定点撮影も得意としているので時間を圧縮した際の美しい景色を簡単に収める事ができます。

基本的な使い方の流れ

GoProの使い方を理解したところで次に基本的な使い方の流れを説明します。

ステップ1:タイムラプスビデオを撮影する際には普通の三脚などを使用して設置すればいいのですが、激しいアクション中にでも外れないようにするためにマウントを使ってしっかり設置する必要があります。マウントの種類としては手に持って自撮りや自分とは違う目線で撮影出来るカメラアームやカメラグリップ、タイプラプスビデオや第三者目線でアクションなどを定点撮影する時に重宝する三脚、車のフロントガラスやバイクのタンクに貼り付けて走行時の映像などを撮る時に便利な吸盤式、スカイダイビングやバイクのヘルメットに固定してスピード感あふれる撮影が出来るタイプなど様々な物があるので自分の撮影したいスタイルに合わせて使用するとよいでしょう。

ステップ2:GoProをしっかり設置した後、次は撮影品質を設定します。GoProには撮影できる映像の品質がたくさんあるので、自分の好みに合わせて自由に解像度やフレームレートを細かく設定しましょう。スマートフォンアプリと連携して設定できるのでとても便利な上に、液晶のタッチパネルが搭載されているHERE5では特に操作しやすい機種です。

ステップ3:ついに撮影に入りますが、この時自分が思っている以上に大きな容量のmicroSDカードを使用したほうが良いでしょう。ついついたくさん撮りすぎてしまったり、解像度を高く設定してしまった事で容量をどんどん圧迫してしまうと事もありえます。予備のmicroSDカードを持っていく事も良いでしょう。

撮影した映像を編集して共有しましょう。microSDカードに保存された映像はそのまま閲覧することができますが、公式が配布しているアプリケーションでGoProスタジオと言う物があります。これを上手く利用して編集の幅をもっと広げましょう。単にトリミングなど基本的な編集が出来るだけでなく、高いフレームレートの映像はスローモーション映像にできます。

パソコンだけでなくスマートフォンにもGoProのアプリケーションがあり、遠隔操作でシャッターを着る事ができる上に細かい設定なども簡単にでき、加えてSDカードに保存された映像をスマートフォン側でプレビューできるのでとても便利です。人気のGoProの使い方をしっかり理解する事で最大限に便利な機能を使用できるでしょう。アクション映像や変わった美しい映像などをたくさん撮りたい人は迷わず使用する事をおすすめします。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>