Windows10動画圧縮・縮小ソフトおすすめ6選

Wondershare Editor 編集者:

動画サイズ圧縮とは動画のサイズ(容量)をコンパクトに縮小することです。高画質や高音質を求めるあまり、ファイルサイズが巨大化することもあるでしょう。SNSなどに投稿する場合、大き過ぎるファイルサイズは他の人の迷惑になるので、動画圧縮を行うことによってどのようなシーンにも利用することが可能です。最近ではいろいろなメーカーから動画圧縮ソフトが販売されていますが、今回はwindows10で使えるWindows10動画圧縮ソフトをいくつかご紹介したいと思います。

Windows10動画圧縮・縮小ソフトおすすめ

第1位 「filmora」

初心者でも簡単にWindows10動画圧縮をしたり、Windows10動画縮小をすることができます。高度編集モードを利用すると気軽に編集することが可能です。圧縮したいファイルを読み込み、大きくなってしまったファイルの不要な部分を切り取ることができます。一部の映像だけを切り取ることでファイルサイズを節約することができ、クロップによって映像の必要な部分と不要な部分を区別することが可能です。不要シーンを削除すると全体的な時間が短くなり、節約することができるでしょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で動画圧縮する方法

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

第2位 「FonePaw スーパーメディア変換」

パラメータの調整やフォーマットの変換、編集することができさまざまな方法に対応しています。動画や音声の編集、DVDのリッピングやビデオのダウンロードなどの機能が搭載されていて、一本のソフトに集約されています。ほぼすべてのマルチメディア問題を解決することができ、操作も楽にできるでしょう。無料体験版を利用することができ、変換できるシーンの長さやダウンロード数の制限以外、さまざまな機能を無制限で利用することが可能です。インターフェースの設計が分かりやすく操作が簡単なので初心者におすすめです。

第3位 「「Wondershare スーパーメディア変換」

動画とDVDなどの変換や編集を行うことができ、インターネットからのダウンロードやDVD作成などに便利でしょう。30Xの変換スピードを利用することができ、編集機能はそれほど豊富ではありませんが基本な分割などを行うことができます。ビデオファイルを圧縮するには十分な機能です。

第4位 「「MediaCoder」

海外の無料変換ツールで、ホームページは英語になっていますが操作自身は日本語で読むことができます。日本語バッチがあるので使用上には特に問題ないでしょう。このソフトを使うならフォーマット変換がおすすめです。尚、バージョンによってときどきエラーがあるので注意がいります。

第5位 「Windows ムービーメーカー」

無料で提供している編集ソフトで、エラーが少なく安定しているのが特徴になっています。出力形式が少ないので変換での圧縮は不向きですが、不要な部分をカットしたりサイズを縮小するならおすすめです。大手会社がリリースする無料ソフトなので初心者も操作しやすいでしょう。

第6位 「Moo0 動画カッター」

使いやすいフリーソフトで、時間指定しシーンを細かく削除することができます。画質は劣化せずに軽量タイプになっているので気軽に使用できるでしょう。公式サイトには音響効果器といったマルチメディア関連ソフトがあるので利用することが可能です。

いろいろな動画圧縮・縮小ソフトがリリースされていますが、中でも「Filmora」はおすすめです。初心者も使用しやすい直感的な操作画面になっているので、簡単に編集することができます。無料体験版を利用することができるので、まずは無料でいろいろ使用してみてから正式版を購入することが可能です。Windows動画圧縮をしたいとお考えの方はぜひ一度お試しあれ。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>