操作方法が明確で簡単な動画圧縮ソフト

Wondershare Editor 編集者: Apr 19,2017 22:04 pm

動画を編集して、さて保存。そんな時に少し考えるのがデータの圧縮率。もちろん、既存の動画データを圧縮する、なんていう場合も、この圧縮率というのは気になるところですね。

圧縮した後の画像の鮮明さや動きの滑らかさ、そしてとりもなおさずデータ自体の容量もどれだけ質を落とさずにサイズを落とすか、というところに意識が注がれます。

まず、画質の点で各種ビデオコーデックを並び替えてみると、以下のようになります。
MPEG-1<MPEG-2<MPEG4・H.264・AVC
右に行くほど高画質、高圧縮率で、今主流となっているMPEG4やH.264は、MPEG-2の2~3倍の圧縮率で、画質は2倍向上しているそうです。まずはMPEG4にまで圧縮できるものを考えたいですね。

iDVDについて

さて動画を圧縮する際に影響する要素として、元の動画データの解像度や動画の長さ、ビットレートなどなどがありますが、それらの設定においてどれだけ簡単にできるかなどの視点から、いくつかある動画圧縮ソフトを比較していこうと思います。あなたに合ったものを探してみてください。

Part 1:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Win&Mac)

このソフトは動画編集に優れたソフトですが、編集完了後のデータの保存時や、もちろん単体での動画データを設定して保存しなおす際に、圧縮率を設定して保存することができます。

動画編集のソフトなので、取り扱っているフォーマットも多種にわたり、WMVやAVI、MOV、MPGなどなど形式と解像度等の詳細を設定して保存することができます。

また、解像度自体を16:9または4:3に調整でき、圧縮率の調整と合わせ、少ないクリック数で、簡単に圧縮が可能です。

動画の高度な編集もでき、圧縮保存後の出来上がりの見栄えも、遜色ないと感じます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画圧縮

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 2:スーパーメディア変換!(Windows版)

AVIやMPEG、MP4だけでなく、4K動画を普通の動画に変換したりMP4動画を4K動画に変換したりできます。
また、デジカメのHD動画を無劣化変換できたり、各種デバイス用に変換もできます。その変換には、設定画面で、デフォルトで用意された「高品質」「標準品質」「小型サイズ」の中からの選択のほか、それら3種をさらに解像度やビットレートの設定など手動での詳細設定が可能です。

小間かい設定ながらも、操作方法も理解しやすく簡単で、圧縮率も出来上がり動画の見栄えも、かなりきれいです。

win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

動画圧縮

Part 3:Sorenson Squeeze 9

出力時のフォーマットとしてMPEG4やAVCが用意されておりビットレートの変更やフレーム数の変更も細かく設定できます。また、指定したファイルサイズに圧縮する設定もできますが、ファイルサイズありき、フレーム数の細かい設定まで行き過ぎると、多少出来上がりの見栄えに気になるところが出てきてしまいます。

しかし、言語が英語なのが、ちょっときになりますね。

動画圧縮

Part 4:QuickTime Player (Pro)

有名ですね。Proですと有償ですが、圧縮もできます。Appleなので、基本的にはAppleTVやQuick Time関連のデータへの変換が得意そうですが、もちろんMPEG4への圧縮もできます。イメージサイズやビットレートなど一通りの設定はできます。ただし、マニュアルが英語だったり、いわゆる手軽さという点では、すこし手が遠のきます。

動画圧縮

Part 5:Mac Finder

一応圧縮はできますが、かなり制限があります。また、作業完了までの時間も、おそらく前述したソフトの中で一番かかると思います。このソフトはMacに入っているソフトなので、念のため比較のために挙げてみました。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。