MP4動画サイズを小さく圧縮するソフトと方法

Wondershare Editor 編集者:

スマホやビデオカメラで動画を撮影すると、MP4形式のデータで保存することができます。カメラで撮影して得られるビデオは解像度や音質が高いのですが情報量が多く、データを保存する際にサイズが大きなファイルが生成されます。自分で撮影したビデオを保存したりネット上にアップする際は、ファイルサイズを圧縮する必要があります。そこで今回は動画圧縮ソフトと動画圧縮方法について紹介したいと思います。

MP4動画圧縮ができるソフトWondershare filmoraの紹介

大きすぎる動画サイズ小さくするためには動画圧縮ソフトを使ってデータを圧縮率の高いファイル形式に変換を行うか、動画編集ソフトを使って画面の不要な部分のカット(トリミング)・解像度やフレームレートを落とすなどの方法で画質を落とす方法があります。 画面の一部をトリミングをしたり画質の変更をする場合には、内容や解像度・画面サイズなどによってデータを小さくする最適な方法が異なるので、多くの機能を備えた動画編集ソフトを利用する方が良いでしょう。 データを小さくするためにファイル形式の変換や画面を編集するのであれば、Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」というソフトが一番おすすめです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmoraは画面サイズや画質の変更をする機能が付いているので、保存形式を変えずにサイズの圧縮ができます。多くの種類の形式に対応しているので、圧縮率が高いデータ形式に変換することも可能です。動画圧縮方法はケースバイケースですがFilmoraは最適な方法で処理をすることができ、操作方法が非常に簡単であるという利点があります。

Filmoraを活用した動画圧縮方法の紹介

画面の不要な部分をカットすることで、動画サイズ小さくすることができます。

Step1.ソフトを起動してMP4形式のデータをオープンする

Filmoraを起動するとメインウィンドウが表示されるので、ツールバーの「ファイル」を開いてファイルをオープンします。マウスでサムネイルをドラッグ&ドロップしてタイムラインに開いておきましょう。

Step2.画面サイズの変更(クロップ)を手動で行う

風景や人物・ペットなどのビデオであれば、被写体とは関係のない周囲の余分な風景をカットすることができます。マウスポインタをクリップの上に移動し、右クリックをしてメニューを開いて「クロップとズーム」を選択します。プレビュー画面に点線の枠が表示されるので、マウスで枠を動かすか画面下のボタンをクリックして枠の大きさや位置を設定します。クロップの処理ができたらファイルの保存をしましょう。見た目を変えずに、画面の解像度やフレームレートを落としてサイズを圧縮することも可能です。

動画クロップ

Step3.画質(パラメータ)の変更を行う

タイムラインに動画をオープンしておき、「出力」ウィンドウを開いて解像度・フレームレート・ビットレートなどのパラメータの数値を変更します。変更後に再生をして確認後、別名でファイルを保存しましょう。

Step4.手ぶれ補正処理を行う

自分で撮影したビデオであれば「手ぶれ補正」の処理をすると画面が小さくなって解像度が下がり、データ量を小さくすることができる場合があります。「高度編集モード」を選択して動画ファイルを開き、サムネイルにマウスのポインタを移動して右クリックして「手ぶれ補正」を選択します。手ぶれ補正の自動処理ができた後にファイルを保存すれば完了です。

stabilize-settings

Step5.出力形式を変更する

編集済みまたは手を加えずに動画ファイルを保存する際にMP4よりも圧縮率の高い形式を選択すれば、出力形式の変更ができます。

出力形式を変更する

Filmoraは画像・画質の編集とファイル形式の変更の両方に対応した動画編集ソフトなので、ビデオの内容や種類に応じて適切な方法でデータサイズの圧縮処理を行うことが可能です。filmoraは他のソフトよりも操作方法が簡単で直感的に編集作業ができるので、初心者の方でも容易に高度な編集作業をすることができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画編集プロで動画圧縮する方法

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>