MP4をGIFに変換する方法

Wondershare Editor 編集者:

動画をGIFアニメーション画像にするメリット

動画をGIFアニメーションへ変換することで、何かメリットはあるのでしょうか? MP4動画をGIFアニメーションへ変換することで、ファイルサイズを小さくできます。 画質は落ちますが、ファイルサイズを小さくして保存しておくには便利です。 多くの動画ファイルを保存することができます。

MP4をGIFに変換する方法

①動画編集ソフトFilmoraでMP4をGIFに変換する方法

Filmoraを使ってMP4動画をGIFアニメーションに変換するには、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を起動してメニュー画面の「高度編集モード」を選択して編集画面を表示します。

Windows版ダウンロード     Mac版ダウンロード

表示した編集画面の左上にある「追加」をクリックして、フォルダウィンドウを表示します。 フォルダウィンドウで変換したいMP4動画を探して、選択してから「開く」をクリックします。 MP4動画を上部に読み込んで表示されます。

gifアニメーションを作成

変換をするには、MP4動画にマウスを移動して表示された+をクリックすると、下部のタイムラインへ挿入されます。 挿入された動画をGIFアンメーションへ変換するには、上部メニューの「作成」を選択してプルダウンメニューを表示します。 プルダウンメニューの「動画を出力」を選択して、動画の出力ウィンドウを表示します。 動画出力用のウィンドウが表示されるので、左側に表示される形式の中にGIFがあるので、選択します。

gifアニメーションを作成

画面の右側にGIF出力の詳細情報が表示されます。 保存先・ビデオ名・解像度を記入します。 設定が終わったら画面右下の「作成」ボタンをクリックすると、MP4動画をGIFアニメーションへ変換が開始されます。 変換中のウィンドウが表示されるので、変換が完了するまで待ちます。 変換が完了すると「変換が完了しました」と表示されます。

Windows版ダウンロード     Mac版ダウンロード

GIFの作り方

Windows版ダウンロード     Mac版ダウンロード

②オンラインでMP4をGIFに変換する方法

MP4動画をGIFアニメーションにオンラインで変換することができます。

MP4をGIFアニメーションへ変換できるサイトは多数あります。 その中でも操作が簡単なGIFアニメーション変換サイト「ビデオファイルをオンラインで変換する」を見てみます。 上記サイトでMP4動画を、簡単にGIFアニメーションへ変換できます。 最初にWEB上の「ファイルを選択」をクリックして、変換したいMP4動画ファイルを読み込みます。 次に変換したいファイルフォーマットを指定します。 色々なファイル形式へ変換できるので、その中のGIFファイルを選択します。 あとは「今すぐ変換」をクリックすると、MP4~GIFアニメーションへ変換します。 変換が完了すると、変換後のGIFアニメーションファイルが表示されます。 サイトによってはGIFファイルへの変換だけではなく、他のファイル形式へ変換することもできます。

③ 動画をgifに変換できるアプリと方法

最近は、MP4動画をGIFアニメーションへ変換できるアプリも公開されています。 iPhoneやスマートフォンで動画をGIFアニメーションへ変化できるソフトとしておすすめは、「ImgPlay」というアプリです。

ImgPlayはiPhone上で撮影した動画をGIFへ変換してくれる動画で、簡単操作で変換できます。 起動すると初期画面が表示されるので、その中の変換したいビデオを選択します。 GIFアニメーションに変換できる秒数はMAX9秒となっているので、読み込んだ動画は9秒以内に編集しなければいけません。 9秒以内の動画を、あとは保存をタップすると、保存できるGIF形式が複数表示されます。 画質を選んでGIFへ変換するか、そのまま動画として保存するかをタップします。 GIF変換を選択した場合は、指定の画質で保存します。

ここまで、MP4を代表とする動画ファイルをGIFアニメーションへ変換するやり方について紹介してきました。 動画ファイル形式変換は、パソコンでもできますし、iPhoneなど携帯端末でもできるアプリが用意されています。 動画をGIFへの変換は、誰でも簡単にできるようになっていて幅広い使い方ができます。

Windows版ダウンロード     Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>