QuickTimeファイルを回転する方法

Wondershare Editor 編集者:

QuickTimeファイルを回転する方法

最近は、ポータブルビデオカメラよりスマホで動画を撮影する方が多いようです。しかし、時々動画を縦で撮影した場合、コンピュータ上で再生すると、横方向となり、おかしく見えてしまいます。縦で見たいときは回転させる必要があります。QuickTime playerをアップグレードすれば可能ですが、この方法は少し複雑です。

QuickTime動画を簡単に回転させるソフト-「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をお勧めします。操作方法は、以下のガイドに従ってください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Step 1 QuickTime ファイルをインポート

QuickTime ファイルを回転させるには主ウィンドウの「インポート」ボタンをクリックするか、ファイルエクスプローラからユーザーのアルバムにファイルをドラッグ&ドロップして、プログラムにインポートします。

QuickTimeファイルを回転

Step 2 QuickTime ファイルを回転します

ユーザのアルバムからビデオタイムラインにファイルをドラッグします。次に、ダブルクリックし、編集パネルを開きます。4つの回転ボタンがあります。

1. 動画を時計回りに90度回転し、クリックするたびに、 180°回転、270°回転、元の状態になります。

2.動画を反時計回りに90度回転し、1.のボタン同様にクリックするたびに回転します。

3.水平方向にフリップ:上下反転します。

4.垂直方向にフリップ:左右反転します。

必要とする機能をクリックすると、プレビューウィンドウ内でリアルタイムで効果を確認することができます。

QuickTimeファイルを回転

Step 3 回転したQuickTime動画を出力

完成後、「クリエイト」ボタンをクリックし、保存します。異なるフォーマットで保存するには、「フォーマット」タブに移動し、任意のフォーマットを選択します。

MOV、M4V、MP4、AVI、WMV、FLV、MPEGなど一般的なビデオフォーマットがサポートされています。保存して、iPhone、iPadとiPodなどで動画を再生したい場合は、「デバイス」タブに移動し、リストからデバイスを選択します。また、テレビで見るためにDVDディスクに焼いたり、 3GP動画をYouTubeに直接アップロードすることができます。

QuickTimeファイルを回転

非常に簡単にできますよね!もっと色々なことをしてみたい場合、編集ウインドウで動画にさまざまな編集をかけることができます。Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は優秀です。
さて、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」無料版をダウンロードしてみましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

関連記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。