Adobe Premiereで動画を回転/反転するには

May 25,2020 • カテゴリ: adobe

動画を回転するには

皆さんは、動画を回転する方法をご存知でしょうか。 動画の編集を行ったことのある方はご存知かもしれませんが、そうでない方は分からないと思います。動画を回転するには動画編集ソフトが必要になります。 そこで動画を回転することの出来るソフトAdobe Premiereで動画を回転/反転する方法を紹介します。

動画回転ソフト「Filmora」主な特徴

  • *多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • **動画回転、トリミング、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • *豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • *動画逆再生や色調補正、画面分割、クロマキーなどの高度編集機能
  • *PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力
  • *対応OS:Windows 7/8/8.1/10、OS X 10.11/10.12/10.13/10.14/10.15

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1. Adobe Premiere Pro CCで動画を回転する方法と手順

はじめに紹介する動画編集ソフトはAdobe Premiere Pro CCです。

・プログラムモニター上での回転

プログラムモニター上で該当の動画クリップを直接に回転することが出来ます。 動画クリップをダブルクリックし、ハンドル付近にカーソルを置いて曲線の双方向の矢印に変わったら、ドラッグして動画を回転させます。

ログラムモニター上での回転

・エフェクトコントロールパネルでの回転

エフェクトコントロールパネルの「回転」から、回転させる角度を入力または数値部分をドラッグするか、ダイヤルを操作することによって回転させることもできます。

エフェクトコントロールパネルでの回転

・エフェクトによる回転

「基本 3D」エフェクトを適用すると、「スウィベル」および「チルト」の値を変更して、垂直または水平に映像や画像を回転させることができます。「スウィベル」では水平方向の回転を設定し、「チルト」では垂直方向の回転を設定します。

エフェクトによる回転

以上の操作を行うことでAdobe Premiereを使用して動画回転することが出来ます。

Part2. Adobe Premiere Elementsで動画を回転する方法と手順

続いて紹介するのはAdobe Premiere Elementsというソフトで動画を回転する方法です。

・基本エフェクト調整して回転・反転する

基本エフェクトであるモーションエフェクトを使用することで、クリップを回転することができます。モーションエフェクトの調整は適用エフェクトパネル の他、モニタパネルで直接調整することもできます。

基本エフェクト調整して回転・反転する

①インタラクティブな回転

モニタパネル上のクリップをクリックして選択し、マウス操作で直接回転させることができます。クリップを直接操作するには、モニタパネルに表示される回転カーソルをドラッグします。

②モーションエフェクトの調整

適用エフェクトパネルで「モーション」を開き「回転」の設定を調整します。 回転させる角度を任意で設定したり、「左に回転」や「右に回転」をクリックしたりすると簡単に 90 度回転させることが可能です。

・標準エフェクトを適用して回転・反転する

エフェクトパネルから、基本 3D エフェクトまたはカメラビューエフェクトをクリップに適用することで、クリップの回転・反転を制御することができます。

標準エフェクトを適用して回転・反転する

①基本3Dエフェクト

クリップを立体的に回転することが可能です。 「スウィベル(横軸)」や「ティルト(縦軸)」の方向を設定すると、クリップの回転や手前または遠くへの移動ができます。鏡面ハイライトを作成して、クリップの表面に光が反射しているような効果を出すことで、3 次元をよりリアルに表現することができます。

②カメラビューエフェクト

「カメラビュー」エフェクトは、異なる角度からカメラを通してクリップを見た効果を出すことができます。スウィベルおよびティルト、ロールでカメラの軸を動かし、クリップが回転したように見せることが可能です。 Adobe Premiere Elementsは動画反転に優れています。

それから、Filmoraで動画を回転・反転する方法と手順について、詳しく紹介します。

Part3. Filmoraで動画を回転・反転する方法と手順

Adobe Premiereのようなプロ向けの動画編集ソフトと違い、 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は初心者でも使える動画編集ソフトで、動画の回転・反転も簡単にできます。では、 Filmoraで動画を回転・反転する方法と手順について、詳しく紹介します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ステップ1:追加したい動画ファイルを追加する

まずはWondershareのホームページから、 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードします。指示に従ってインストールし、ソフトを起動させます。 「新しいプロジェクト」を選択すると、編集画面が開きます。画面左上の「インポート」ボタンをクリックして、編集したい動画ファイルを選択します。 追加したファイルのサムネイルをクリック&ドラッグして、画面下段のタイムライン上に配置します。時刻の目盛りの間隔は、下段右上の虫眼鏡のゲージを操作することで変えられます。

追加したい動画ファイルを追加する

ステップ2:動画を回転・反転する

画面右上でプレビューを確認し、動画を回転させる必要があるときは、タイムライン上に配置した動画素材のボックスをダブルクリックします。すると左上の画面が切り替わります。「ビデオ」の下にあると「変形」にチェックを入れて、回転させたい方向によって適切なアイコンをクリックしてください。 右回り、左回りの矢印はそれぞれの方向に90°回転、三角形と線のアイコンはそれぞれ左右反転と上下反転です。動画を自由に縦や横にすることも簡単にできます。

動画を回転・反転する

最後に「OK」を押して、念のためプレビューを確認します。確認をして問題なければ以上で操作は終了です。

動画編集ソフトもたくさんの種類があり、用途に合わせて使い分けるのが一番お勧めです。 3つのソフトを紹介しましたが、どれも特化している部分があり特徴があります。 その為ご自身の使用目的に合わせて動画編集ソフトを使うのがいいと思います。 ご紹介した動画編集ソフト以外にもたくさんあるので、ご自身で検索して比較してみるのもいいかもしれません。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画回転・反転できるソフト「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

1 動画 回転
1.1 Windows 動画 回転
1.2 Mac 動画 回転
2 各形式動画を回転
2.1 MP4 回転
2.2 MOV 回転
2.3 YouTube 回転
2.4 3GP/3GP2 回転
2.5 iPhone動画 回転
3 動画回転 ソフト
3.1 Top5 回転ソフト
3.2 iPhone 回転アプリ
3.3 Android 回転アプリ
3.4 iMovie 回転
3.5 メディアプレイヤー回転