Adobe Premiere Proを使ってクロマキー合成をするには?

Wondershare Editor 編集者:

クロマキー合成とは

動画編集ソフトの機能を見ると、「クロマキー合成」というのをよく目にするかと思います。 クロマキー合成とは特定の色から動画の一部を透明にして、そこに別の動画を合成するものです。クロマキー合成は、キーイングという画像や動画の一部を切り抜く技術の一種でもあります。 また、クロマキー合成には専門的な知識が必要そうに思えますが、ソフトを使えばそれほど難しい操作ではありません。 今回は Adobe Premiere Proでクロマキー合成を適用する方法、簡単にクロマキー合成ができる動画編集ソフト「filmora」を紹介します。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1. Adobe Premiere Proでクロマキー合成を適用するには?

クロマキー合成というのは確かに難しい内容ではあります。ですが、背景にする動画とグリーンスクリーン動画を用意するだけで、クロマキー合成を適用することが可能です。 以下の手順でクロマキー合成が行えます。

ステップ1.新しいプロジェクトを開始する

  • 1. Adobe Premiere Proを起動し、「新規プロジェクト」をクリックします。
  • 2. プロジェクトの名前を入力し、「参照」からプロジェクトの保存先を指定します。
  • 3. 設定が完了したら「OK」をクリックします。

新しいプロジェクトを開始する

プロジェクトファイルを作成する場合は、専用のフォルダーを作成することをおすすめします。理由は適当な場所にプロジェクトを保存すると、後から移動するときに面倒になってしまうからです。

ステップ2.動画の取り込みとクロマキー合成

  • 1. タスクバーから「エクスプローラー」をクリックし、グリーンスクリーンの動画を選択します。
  • 2. 画面右下の「タイムラインパネル」に動画をドラッグ&ドロップします。
  • 3. グリーンスクリーン動画の下に、背景にする動画を上記のように取り込みます。
  • 4. 画面上部にある「エフェクト」をクリックし、「ビデオエフェクト」の「キーイング」から「Ultraキー」を選択します。
  • 5. その「Ultraキー」を背景にしたい動画にドラッグ&ドロップします。
  • 6. 画面左上にある「エフェクトコントロール」から、「キーカラー」の「スポイトアイコン」をクリックし、グリーンスクリーン又はブルースクリーン部分を選択します。

クロマキー合成

クロマキー合成をする前には、合成箇所を必ずグリーンやブルーに編集しておく必要があります。合成箇所が特定の色でないと、クロマキー合成を上手く適用できない場合があります。 また、手軽な方法としては、グリーンバックやブルーバックで動画を撮影することです。

ステップ3.動画の書き出し

  • 1. 画面左下の「プロジェクトパネル」から「シーケンス(編集した動画)」を選択します。
  • 2. メニューバーにある「ファイル」を選択し、「書き出し」から「メディア」をクリックします。
  • 3. 「出力名」のファイル名を選択し、名前と保存先を設定したら「保存」をクリックします。
  • 4. 「形式」はMP4で書き出すなら「H.264」を、MOVで書き出すなら「QuickTime」を選択します。
  • 5. 「ビデオを書き出し」「オーディオを書き出し」にチェックが入っているか確認します。
  • 6. 任意で「ビデオ」や「オーディオ」タブなどの設定を行うことができます。
  • 7. 最後に「書き出し」をクリックします。

動画の書き出し

以上でクロマキー合成を行う操作は完了です。

Part2. 同じくクロマキー合成ができる動画編集ソフト「filmoraPro」とは?

Adobe Premiere Proと同じ、上級者向けのもう一つの動画編集ソフト「FilmoraPro」があります。Adobe Premiere Proより操作簡単ですが、プロ向けの高度機能もちゃんと備えています。

FilmoraProはWondershareより新発売された製品で、直感的な操作画面で高度な機能を使いこなせるソフトとなっています。キーフレームなどの強力なツールを利用して、思い通りの映像を作成することがきます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraProもキーイングの方法でグリーンスクリーンの動画をクロマキー合成を行います。 エフェクトから「色差キー」エフェクトを検索して適用すれば、簡単に動画クリップからグリーンスクリーンの背景を削除可能です。このエフェクトを動画クリップに適用したい場合は、エフェクトパネルからエフェクトをグリーンスクリーン映像の含むクリップまでドロップして、スクリーンの色を緑にし、パスを微調整していただければ完成です。

グリーンスクリーンの動画をクロマキー合成

Part3. 簡単にクロマキー合成ができる動画編集ソフト「filmora」とは?

Adobe Premiere Proは複雑な操作が多いので、クロマキー合成を行うにも初心者にとっては難しいソフトだと思います。しかし、Wondershareの 「Filmora」 というソフトは簡単にクロマキー合成を適用することが可能です。

Filmoraは強力な編集ツールと種類豊富なエフェクトで、動画をより簡単に編集できるように考えられたソフトです。また、画面表示がシンプルなデザインなので、直感的に操作することができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

FilmoraではAdobe Premiere Proより簡単に、グリーンスクリーンの動画をクロマキー合成できます。 クロマキー合成を行う際は、タイムラインに取り込む動画の位置が重要です。 画面下部のタイムラインの1段目(動画トラック)に「背景にする動画」を、2段目(PIPトラック)に「グリーンスクリーンの動画」をドラッグします。 そして、PIPトラック内の動画をダブルクリックし、[動画] タブの [クロマキー] セクションで、[クロマキー] にチェックを入れると、クロマキー合成が可能です。[許容差]、[オフセット]、[エッジの幅]などを調整して、簡単にクロマキー合成動画が作成できます。

グリーンスクリーンの動画をクロマキー合成

いかがでしょうか? Adobe Premiere Proはプロ向きなので難しい操作が多く、クロマキー合成も専門的な知識が必要そうに思えます。しかし、Premiere Pro内ではクロマキー合成は意外と簡単に行えてしまいます。 また、Adobe Premiere Proが難しく感じる方は 「Filmora」 をおすすめします。FilmoraはPremiere Proより見やすく操作も簡単なので、初心者の方でも難なく利用することが可能です。こちらは試用版がダウンロードできるので、気になった方は利用してみてはいかがでしょうか。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

関連記事:クロマキー合成(グリーンスクリーン)ができるソフトおすすめ4選>>

クロマキー合成:グリーンスクリーン動画の作り方


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>