iPhone動画のいらない部分をトリミング/カット方法

Aug 06, 2020 • カテゴリ: Filmora動画編集

iPhone動画を編集するには

iPhoneが世の中に普及し、その分、撮影された動画の数が増えていく、と考えるのは妥当かと思いますが、更にそこからインターネット上に公開されているiPhoneで撮影された動画もかなりの数に上りますね。 お気に入りの動画を見つけたらダウンロードしてきたり、もちろん自分がiPhoneユーザーだったら自分で撮影した動画など、それらを素材として一つの作品にしていく方も増えたのではないでしょうか。iPhoneで動画撮影すると、ファイルフォーマットとしてはH.264/MPEG-4 AVCに固定されていて、このフォーマットを取り込んで編集できるソフトが必要になってきます。

Windows、Macともに、標準で付属している動画編集ソフトがなく、マイクロソフトやアップルが提供するソフトを別途インストールするもしくはフリーや有償ソフトをインストールしてくる必要があるのですが、どうしても付きまとってくるのが対応しているファイルフォーマットと、動画を編集した後の活用に関してでしょう。

それらを総合して考えた場合に、動画編集からDVDへの書き込みまでワンストップに、しかもその過程での操作がわかりやすく誰にでもできて、機能的にもそれなりに高機能なソフトを、となるとおすすめできるのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Win版)です。(Mac版)は「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)」という名称になりました。)

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ここではiPhone動画をトリミング/カットする方法をご説明します。

1 iPhoneからデータの取り込み

ソフトを立ち上げ、iPhoneとPCを接続します。初心者向けの「簡単編集モード」と上級者向けの「高度編集モード」がありますので、ここでは「高度編集モード」を選んでいきます。

動画編集プロの「メディアライブラリー」上に、iPhoneのフォルダを開いて編集したいデータをドラッグアンドドロップして取り込むか、「追加」をクリックして、iPhone内の編集したいデータを選択して取り込みを行います。もちろん、画像データも取り込むことができるので、動画はもとより画像もトリミングし、スライドショーを作成するのにも使えるソフトです。

デバイスは、iPhoneだけでなく、アンドロイドのスマホの動画ももちろん同じ手順で取り込めます。

iPhoneからデータの取り込み

2 iPhone動画の不要の部分をカット/トリミングします。

メディアライブラリーからタイムラインに編集したいデータをドラッグアンドドロップします。タイムライン上でクリップを選択したら、タイムラインの直上にある鋏マークをクリックします。

iPhone動画の不要の部分をカット/トリミング

3 トリミングしたiPhone動画を出力

フラッグが出てきますので、必要なところの初めと終わりを指定したら、操作は完了です。もちろん、DVDに焼くことやYouTubeにアップ―ロードすることもできます。

トリミングしたiPhone動画を出力

今のご時勢、スマホ内の動画データをトリミングして、凝った動画作品を作り出しての公開が流行っていますね。

このように、動画をカット/トリミングしていくつかの動画を繋げていき、作品を作ったら、この「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では再びiPhoneに保存したりDVDに焼いたりFacebookやYoutubeに公開できたりと、その汎用性も広がります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画のトリミング・回転・クロップー動画の基本編集

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

1 動画 カット/トリミング
1.1 動画 トリミング方法
2 各形式をトリミング/カット
2.1 MP4 カット
2.2 MOV カット
2.3 AVI カット
2.4 ニコニコ動画 カット
2.5 YouTube動画 カット
2.6 iPhone動画 カット
3 動画トリミングソフト
3.1 Top 動画カットソフト
3.2 iMovie カット
3.3 VLCでカット
3.4 Adobe Premiereカット
3.5 ムービーメーカーカット
3.6 Top オンラインカッター

<style>
.seasonal .a-block a,a.a-block{display:block;height:100%;text-decoration:none}
.fixed{position:fixed;width:100%;margin:0 auto;z-index:9;top:0}
.fixed.bottom{top:auto;bottom:0}
.shrink{max-height:0;opacity:0;overflow:hidden}
.shrink.active{max-height:400px;opacity:1}
.bg-cover{background-size:cover;background-position:center center;background-repeat:no-repeat}
.seasonal{height:108px!important}
.seasonal-close{position:absolute;right:40px;top:34px;width:40px;height:40px;border-radius:50%}
.seasonal-close i{font-size:30px;line-height:40px}
.fm{display:inline-block;vertical-align:top;line-height:inherit}
</style>
<aside class="seasonal seasonal-btm fixed bottom a-block shrink bg-cover transition" data-nav="effect-store"
style="background-image: url(https://filmora.wondershare.jp/images/top-news-banner-filmstock-vfx-camp.jpg)">
<a target="_blank" href="https://filmstock.wondershare.jp/vfx-campaign.html?utm_source=sitebuttombanner&utm_medium=sitebuttombanner&utm_campaign=filmstock-vfx-camp"></a>
<span class="seasonal-close bg-white text-steel text-center with-hand" data-close="all" data-toggle-target=".seasonal-btm" data-toggle-class="active" data-propagation="no"><i class="fm fm-close"></i></span>
</aside>
<script>
$(function () {
var isStorage = typeof(Storage) !== void(0);

/** toogle class **/
$('body').on('click', '[data-toggle-class]', function() {
$($(this).data('toggle-target')).toggleClass($(this).data('toggle-class'));
});

/** seasonal **/
//not show on current/close all
if(!isStorage || (isStorage && !localStorage.getItem("seasonal"))){
setTimeout(function(){
$('.seasonal').each(function(){
if($(this).data('nav') !== $('#body').data('nav')){
$('.seasonal').addClass('active');
}
});
}, 500);
}

//close all
if(isStorage) {
$('body').on('click', '.seasonal-close', function(){
if($(this).data('close') === 'all'){
localStorage.setItem('seasonal', $(this).closest('.seasonal').data('nav'));
$('.seasonal').removeClass('active');
}
});
};
})
</script><div class="parameter" data-toggle="gotop" data-type="ws2020"></div>