YouTube動画エディタの次世代を担うビデオ編集ツールのご紹介

Wondershare Editor 編集者:

YouTube動画の編集に対する適正

目標を速やかに達成する為には適切な人材を担当に据える必要があり、この事を四字熟語では適材適所と言います。きっと皆さんの中にもお仕事やプライベートで、意識的に実践されている方がいらっしゃるかと思います。 人材にあたる部分は物に置き換える事も出来るので、目的をYouTubeへ投稿する動画の編集作業とします。ここで以前なら操作が簡略化され、適正値の高いツールとしてYouTube動画エディタを挙げていたのですが、廃止を理由に紹介できなくなってしまったのが残念です。 しかし、動画の編集作業に対する適正値が高い物は、他にも複数あるのでご安心ください。

ここからはYouTube動画エディタの代わりソフトとして、次の世代を担うビデオ編集ツールのランキングを紹介させて頂きます。

YouTube動画エディタに代わる最高のビデオ編集ツール5選

・ツールその1 Filmora

これから紹介させて頂く中で、最もおすすめしたいWondershare社製のビデオ編集ツール「Filmora」です。特徴として充実した編集機能を搭載し、各作業工程の移行が円滑に行われるので、待ち時間による無駄やストレスがありません。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora」では動画の編集が完了後、YouTubeへサインインするとタイトルや説明文などの重要な項目を、前もって確認する事が出来ます。これにより動画の誤った情報にも早い時点で気が付ける為、YouTubeへのアップロードを終えてから直す手間が省けるでしょう。

filmora

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

・ツールその2 WeVideo

WeVideo

特徴として多数のWebブラウザに対応し、データ上における作業環境の幅を広げたビデオ編集ツールです。Webブラウザというのはインターネットを通じて、利用するサービスに欠かせない物で標準搭載されていたり、追加でダウンロードしたりする事が出来ます。 Google ChromeやFirefoxであれば、普段から使い慣れている方も多いはずなので変に抵抗を感じる事もなく、動画の編集に移れるかと思います。

・ツールその3 Clipchamp

Clipchamp

特徴として基本的な編集機能を備え、操作の基礎をしっかりと固められるビデオ編集ツールです。今回の内容に限った事ではありませんが、何事も背伸びをせず堅実に取り組むのが1番の近道になるかと思います。 また、Clipchampでは同シリーズの製品を利用すると、データのサイズ圧縮や形式変換などが行えます。動画の編集に慣れて自信が持てるようになったら、ぜひそちらの方も試してみてはいかがでしょうか。

・ツールその4 DaVinci Resolve

DaVinci Resolve

特徴として色の調整機能に力が注がれ、納得のいくカラーコレクションが行えるビデオ編集ツールです。カラーコレクションというのは動画から色の違和感を消したり、コマ数の処理速度を均等にしたりする作業を指します。 例えば、皆さんが実際に観て素晴らしさを伝えたいと感じた自然の風景があったとしましょう。こういった場合にDaVinci Resolveを利用すると、実物に近い形で自然の風景の良さを動画に再現する事が出来るでしょう。

・ツールその5 lightworks

lightworks

特徴として編集機能の細部にまでこだわり、動画の完成度を高められるビデオ編集ツールです。編集経験の有無が利用の前提条件にある為、動画の結合やカットといった基本的な操作は先に覚えて頂く必要があります。 しかし、その壁さえ超えれば初心者の方でも問題なく扱えるようになるのでご安心ください。まずは上記のビデオ編集ツールのいずれかを試し、経験値を貯めてからlightworksのこだわりを知って頂ければと思います。

YouTube動画エディタは廃止になってしまったものの、今回の内容にて代替品が無事に見つかれば適材適所の空いていた穴も埋まります。今後はWondershare社製の「Filmora」を始めとして、これらのビデオ編集ツールと共にYouTubeへ投稿する動画の編集作業をしてみましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>