SUMMERキャンペーン・第二弾

Youtube動画をスロー再生する

Wondershare Editor 編集者: Apr 27,2017 11:55 am

ギターやピアノの超絶技巧の指技を真似てみたり、これから忘年会の時期になるのを見越して手品を練習する際にプロの手品師の器用な手の使い方を真似てみたりするにあたって、通常の動画再生スピードではなかなか真似するどころか、何をどうやっているのか全く分かりませんよね。

Youtubeや各種インターネット上のサイトには多くのこうした動画がアップされているのにもったいない限りです。 そこでYoutubeなどの動画をスロー再生できたら良いのですが、さてそのスロー再生できるアプリやソフト、どういったものを使ったらよいでしょうか。

具体的にYoutubeをスロー再生する方法を書いていこうと思います。

Part 1: ブラウザでYoutube動画のスローモーション再生する方法

Youtubeの再生画面の右下にある歯車マークをクリックしますと、次のメニューが出てきます。

「自動再生」「アノテーション」「速度」「字幕」「画質」 (Windows8.1、GoogleChromeにて)この「速度」を選択すると0.25倍速(スロー再生)から2倍速(早送り再生)まで、0.25刻みで再生速度を設定することができます。

もし「速度」がメニューの中に表示されていない場合には、お使いのブラウザで「HTML5 プレーヤー」がデフォルトで使われていないので、ブラウザの設定からHTML5 プレーヤーをデフォルトで使えるように設定すれば「速度」調整のメニューが出てきます。

Youtubeで動画をスロー再生

上記は、Youtubeをそのままブラウザでスローモーション再生する方法でしたが、この方法では、単にPCの前で視聴するだけで、もっとじっくり何度もスロー再生したり誰かと共有しながら例えばDVDに焼いて後で家庭用DVDプレイヤーで見たりという使い方ができませんね。

Part 2: 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」でyoutube動画スロ再生する方法

そこで市販の(とはいってもコストパフォーマンスが良くてお手頃なソフトが安心ですよね)ソフトを使ってYoutubeをスロー再生でき、しかもDVDに焼くことまで視野に入れた編集ができるものをご紹介します。

私がお勧めするのは、動画編集において、使い勝手もその機能性の高さも群を抜「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。動画の編集にたけているので、もちろんYoutubeの動画も「編集」の一環でスロー再生することが可能です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で編集する前に、まずフリーソフトの「Free YouTube Downloader」を使って、Youtubeの動画をダウンロードしてきましょう。このソフトはブラウザ問わず、Youtube動画を自動的に検出してくれて、かつ、一括段ロードもできる、しかもフリーのソフトなのでPCにインストールしておいて損はないソフトです。

このFree YouTube DownloaderでYoutubeの動画をダウンロードしてきたら、さっそく「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で作業開始。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を高度編集モードで立ち上げましょう。あとは次の手順で作業を進めればOKです。

ステップ 1 データの取り込み

メディアライブラリに、ダウンロードしてきたYoutube動画のデータをドラッグアンドドロップします。メディアライブラリから画面下のタイムラインにデータをドラッグアンドドロップします。

動画の読み込み

ステップ 2 再生速度を設定します

タイムライン上でデータをダブルクリックします。  メディアライブラリが設定画面に切り替わりますので、「再生速度」のバーを左に移動させます。

再生速度を設定

ステップ 3 作業は完了

プレビュー画面で一度速さを確認します。 スローモーション再生で問題なければ作業は完了。

もちろんこの後「作成」をクリックすると、データとして保存するだけでなく、デバイスへの保存やDVDへの書き込みも可能です。

デバイスへの保存

このWondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、Windows版もMac版もあるので、どちらのPCをお使いの方でも手軽に始めることができます。操作性も、そして何よりも、動画編集にはまってしまう方にも安心な高度な編集能力。高い動画編集ソフトを買わなくてもこの1本で事足りてしまいます。

Part 3: Youtubeで動画をスロー再生するiPhoneアプリー「SpeedTube」

ところで、初めにブラウザベースでのYoutube動画のスローモーション再生について書きましたが、例えばiphoneなどのポータブルデバイスでYoutube動画のスロー再生するにはどういったアプリを使ったらよいでしょうか。

iTunesからAppStoreで「SpeedTube」を使ってみましょう。

1.SpeedTubeを立ち上げたら、Youtubeのトップページが表示されているので、右上の虫眼鏡ボタンをクリックして動画を検索します。

Youtubeで動画をスロー再生 SpeedTube

2.目的の動画が見つかったら、同じく画面右上の「Play」ボタンを押して再生します。

Youtube 動画 スロー再生

3.再生されている画面の下にバーが左右に2本表示されていますが、左は音量、右は再生速度調整のためのバーですので、右側のバーを左に動かして再生速度を調整します。

Youtube動画 再生速度調整

もちろんこの「SpeedTube」では、デバイスに動画を保存してのスロー再生はできないので、あくまでもオンタイムで閲覧しながらのスロー再生にとどまります。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってスロー再生動画を作成したら、iphoneに直接保存できるので、一番おすすめはFree YouTube Downloader」でYoutube動画を保存し、「Wondershare 動画編集 プロ」でスロー再生編集をして直接iphoneに保存してしまう、という流れですね。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。

再生速度調整
1. 動画 スロー再生
2. 再生速度 ソフト
3. スロー動画アプリ
4. youtubeスロー再生
5. wmp 再生速度
6. mp3 再生速度
7. iMovie 再生速度
8. FCP 再生速度
9. youtube 再生速度
10. ムービーメーカー 再生速度