filmora go
FilmoraGo

動画編集&動画作成アプリ

appstore
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

AviUtlでテキストエフェクトやアニメーションを作成する方法を徹底解明!

Jul 15, 2022 • カテゴリ: filmstocks

はじめに

無料の動画編集ソフトとして有名なAviutlでは、テキストにエフェクトを付けたりアニメーション効果を付けることが出来ます。しかし初めての編集という人はどうやればよいか迷ってしまうことが多くその敷居は高めです。そこで今回は実際にAviutlでテキストにエフェクトを付けたりアニメーション効果を付けるの編集を行う方法について詳しく解説していきます。またそれでも難しいという人のためにさらに簡単に編集ができるソフトWondershare Filmoraのご紹介なども行っていきます。
Aviutlは無料の動画編集ソフトであり、導入こそやや大変ですが使い方によっては様々な編集が行える優秀なツールです。今回はYoutubeの動画などでも地味ながら多用されている字幕などの文字にエフェクトやアニメーションをつける編集に絞って、段階ごとの手順を紹介します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.Aviutlでテキストエフェクトやアニメーションを作成する方法

#ステップ1.Aviutlを起動して編集準備を整える

まずAviutlのアイコンをダブルクリックして画面を立ち上げましょう。初めての起動では暗くて四角いウィンドウが一つだけ出てくるので、その画面の上部にある「設定」をクリックし、更に出てきたメニューの中にある「拡張編集の設定」を押します。するとラインが並んだ画面が出てきます。これがいわゆるタイムラインと呼ばれるもので、編集作業の大半はこのタイムラインを操作して行います。

#ステップ2.エフェクトを付けたいテキストを用意する

タイムライン上を右クリックするとメニューが出るので「メディアオブジェクトの追加」から「テキスト」を選びましょう。するとタイムラインに青い長方形のテキストオブジェクトが追加されます。これをダブルクリックすることでテキスト設定のメニューが開くので、メニューの白くて四角いスペースに入力したい文字を入れます。メニューにはXやYやZといった座標の数値などをいじれる項目があるので、自由に数値を入れたりバーを移動させたりして自分の好きな形や位置のテキストになるように調整してみましょう。

aviutlでエフェクトを付けたいテキストを用意する

#ステップ3.文字を1文字ずつ表示するようにする

文字を一度にパッと表示するのではなく、一文字ずつ順々に表示されるようにしたい場合は、まずテキストの設定メニューにある「文字毎に個別オブジェクト」という部分にチェックを付けます。この状態で「表示速度」の数値を上げると、表示速度の数値に従った速度で一つ一つ文字が表示されるようになります。

aviutlで文字を1文字ずつ表示するようにする

#ステップ4.動きをつける

テキストのメニュー右上にある+を押し、出てきた中から「アニメーション効果」を選びます。するとメニュー下部にアニメーション効果が追加されるので、プルダウンメニューから「震える」や「弾む」などの好きなアニメーションを選んでみましょう。すると文字に該当するアニメーション効果が付かされて動きのあるテキストにすることができます。

Part2.テキストエフェクトを満喫できるテンプレートサービス-Filmstock

上記の方法ではどうしても難しい場合は以下の動画編集ソフトを使うのがオススメです。オススメのポイントと合わせてご紹介します。

Wondershare Filmora

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画編集ソフトwondershare filmora9

Filmoraは無料で使うことが出来る高機能で多機能な動画編集ソフトです。映像を制作している企業でも導入されており、高い品質のエフェクトが追加できます。またFilmoraでは公式サイトで実際の編集方法を説明していたり、多くのクリエイターが実際に編集している様子や手順をビデオ形式で紹介しているので、それを真似するだけでどんな人でも編集ができますし、とても動画編集の敷居が低くなるソフトです。

Filmstock(フィルムストック)

素材サイトfilmstock

新サービスFilmstock登場!|新しくなったWondershare Filmoraエフェクトストア

動画を編集する上で問題になりやすいのが動画に使う素材の問題です。特に著作権の問題などは昨今叫ばれていて、インターネット上で見つけた素材を安易に使うと著作権侵害になるケースもあります。そこでやつだつのがこのFilmstockです。豊富な素材が用意されているのでここだけで必要な素材を賄うことができ、またエフェクト素材もあるためテキストアニメーションにも幅が出ます。

関連記事:

Part3.動画に字幕を入れるならテキストアニメーションを凝ってみよう

動画の字幕というのは、実は画面の中で一番人の目線が集まる部分でもあります。ここを凝ることで視聴者に与えるプラスイメージは大きくなるのでAviutlなどでエフェクトを入れていくのがおすすめですが、素材の豊富さなどを考えると後述するWondershare FilmoraFilmstockの方がややおすすめと言えます。一度両方触ってみて、自分にあう方を選択するのが良いでしょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

AviUtlの編集小技
AviUtl 拡張編集
AviUtl エンコード
AviUtl 字幕
AviUtl MP3
AviUtl エフェクト
AviutlMp4動画結合
Aviutlモーショングラフィックス
AviUtl カット
AviUtl リサイズ
AviUtl 保存
AviUtl 動画編集
AviUtl 問題
DirectShow File Reader プラグイン