filmora go
FilmoraGo

動画編集&動画作成アプリ

appstore
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

逆再生動画を作る方法

Jul 15, 2022 • カテゴリ: Filmora動画編集

動画編集には様々なものがありますが、逆再生動画はその中でも演出面では強い効果を発揮します。逆再生動画は、その名の通り「時間の流れを逆」にした動画のことを指します。テレビや映画で一度くらいは見たことがあるのではないでしょうか?逆再生を用いることで、我々が通常見ている視点とは違った視点で見ることができるため、目を引きやすいのです。

一般的に逆再生が使われている場面は、以下のものがあります。

  • ・手品やドッキリのネタばらし
  • ・投げたボールが途中で手の中に戻るような演出
  • ・ドラマや映画で、特定のシーンを巻き戻しての検証シーン
  • ・無限ループ

どの場面にも共通しているのが、視聴者をワクワクさせて楽しませること、です。逆再生は、視聴者に刺激を与えて、より動画に集中させる役割を持ちます。そのため頻発するのではなく、ここぞという場面で使うと効果を発揮します。

そんな逆再生動画ですが、一点だけ注意しなければなりません。それは、被写体に動きがなければダメだということです。被写体に動きがなければ、せっかく逆再生をしても動かないままです。必ず被写体に動きや変化をつけるようにしましょう。動きが大きいほど、非現実感が増して面白い動画になります。

今回は、逆再生動画を作成するための編集ソフトを使って、実際に編集するための工程について説明したいと思います。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード
安全

 目次:      

Part1.Wondershare Filmoraで逆再生動画を作る方法

動画編集ソフトWondershare Filmoraでは、逆再生動画を簡単に作ることができます。

逆再生動画作成ソフトWondershare Filmora

ここからは、そんなFilmoraで逆再生動画を作る方法を解説します。

その1.Wondershare Filmoraとは?

Filmoraとは、欧米を中心に500万人以上のユーザーが愛用している動画編集用ソフトです。初心者~中級者向けですが、上級者でも問題なく使えるほど機能が揃っているのが特徴です。

直感的に操作できるUIに加え、1,000を超えるエフェクトやエレメントに加え、世界中で活躍しているミュージシャンの音楽など、動画編集をする上で必要なことが全て詰め込まれています。

逆再生動画 豊富な素材

クロマキー合成やテキスト字幕、モーショントラッキングやキーフレームなどもお手軽操作で編集できてしまいます。

逆再生動画 クロマキー合成

これから動画編集を始めたい人にはピッタリの動画編集ソフトです。

WindowsとMacの両方に対応しているのに加え、買い切り型とサブスクリプション型があるので、ニーズに合わせた利用が可能です。

有料バージョンのFilmoraは、競合他社から発売されている動画編集ソフトで同じくらいの機能をもつものを買おうとする場合、Filmoraの倍以上の予算が必要になるケースが多いです。Filmoraは、リーズナブルな動画編集ソフトではありますが、搭載されている機能は折り紙付きです。

実際にお金を払う前にFilmoraを試したい人向けに、Wondershare社が無料の体験版もホームページに掲載しています。Filmoraの機能を試すことができる体験版ですが、基本的な機能などは有料版と変わりません。ぜひ試してみてください。

その2.Wondershare Filmoraでの逆再生動画の作り方

Filmoraで逆再生動画を作るのは非常に簡単です。

以下の方法で行いましょう。

Step1.Wondershare Filmoraを起動する

Filmoraを起動し、「新しいプロジェクト」を選択します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

逆再生動画 新しいプロジェクト

Step2.逆再生したい動画を追加する

Filmoraが起動したら、画面上にある「インポート」か「ここにメディアファイルをインポート」をクリックし、逆再生したい動画を追加します。動画ファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOKです。

逆再生動画 インポート

Step3.逆再生したい動画をタイムラインへ移動

インポートした動画を、画面下のタイムラインに追加します。ドラッグ&ドロップでOKです。

逆再生動画 タイムラインに追加

Step4.逆再生したい範囲を選ぶ

タイムラインに追加した動画を選択し、タイムライン左側上部にある「速度メーターのアイコン」をクリックし、「スピードをカスタマイズ」を選択します。一部のみ逆再生したい場合はその範囲を切り取りましょう。

逆再生動画 スピードをカスタマイズ

Step5.逆再生速度を選ぶ

出てきた編集メニューの中にある「逆再生速度」にチェックを入れてOKをクリックします。

逆再生動画 逆再生速度

以上が、Filmoraで行う逆再生動画の作り方です。

逆再生をする部分だけの切り取りや、逆再生速度の変更も可能なので、動画の速さを変更したい場合は「速度メーターのアイコン」をクリックすると良いでしょう。

タイムライン上で動画を選択しながら右クリックし、出てきた編集バーから「スピードと再生時間」を選択しても同じ画面が開きますので、やりやすい方法で編集してください。

逆再生動画 スピードと再生時間

関連記事:逆再生動画が作成できるソフトおすすめ5選>>

関連記事:インスタで逆再生動画を作る方法>>

Part2.Wondershare Filmoraで手軽に倍速動画やスロー再生動画を作る方法

Filmoraでは逆再生動画以外にも、倍速動画やスロー再生動画も編集が可能です。

これらの方法も非常に簡単で、逆再生動画と同じステップで編集できてしまいます。

Step1.Wondershare Filmoraを起動する

Filmoraを起動し、「新しいプロジェクト」を選択します。

逆再生動画 新しいプロジェクト

Step2.逆再生したい動画を追加する

Filmoraが起動したら、画面上にある「インポート」か「ここにメディアファイルをインポート」をクリックし、逆再生したい動画を追加します。動画ファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOKです。

逆再生動画 インポート

Step3.逆再生したい動画をタイムラインへ移動

インポートした動画を、画面下のタイムラインに追加します。ドラッグ&ドロップでOKです。

逆再生動画 タイムラインに追加

Step4.逆再生したい範囲を選ぶ

タイムラインに追加した動画を選択し、タイムライン左側上部にある「速度メーターのアイコン」をクリックし、「スピードをカスタマイズ」を選択します。

逆再生動画 スピードをカスタマイズ

Step5.速度を選ぶ

出てきた編集メニューの中に「速度」のスライダーがあるので、それを移動させるか、スライダー右の数値を変更し、「OK」をクリックします。

逆再生動画 逆再生速度

以上で完了です。

速度変更を行った動画クリップの上部には、倍速速度が帯になって表示されています。

帯の部分をマウスカーソルで引っ張ると、任意の長さで速度が自動的に調整されるので、細かい速度調整はこれで行うと良いでしょう。

逆再生動画 速度調整

関連記事:ファスト&スローモーション動画の作る方法>>

関連記事:Youtube動画の再生速度を調整できるソフトをご紹介>>

Part3.Wondershare Filmoraで逆再生動画は簡単に作れる

Filmoraを使えば、逆再生動画を作るのは非常に簡単です。

逆再生動画を編集したら、そのままYouTubeやSNSにもアップロードできるので、お手軽です。

是非試してみてくださいね。

Windows版ダウンロード Mac版ダウンロード
安全

Wondershare Filmoraを使ってクリップを逆再生するテクニック

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

• 逆再生動画
1.1 逆再生ソフト
1.2 逆再生アプリ(PC版)
1.3 逆再生アプリ
1.4 逆再生動画作り方
1.5 逆再生動画作成ポイント
1.6 逆再生面白い
1.7 インスタで逆再生動画作成
• 逆再生ソフト
2.1 iPhoneで動画逆再生
2.2 Premiere Proで動画を逆再生
2.3 iMovieで動画を逆再生
2.4 Premiere Rushで動画逆再生
2.5 Final Cut Pro Xで動画逆再生
2.6 Movie Makerで動画逆再生