YouTubeライブのコメントのやり方、コメントを透過させる方法

Jun 05,2020 • カテゴリ: 画面録画機能と方法

YouTubeは誰でも無料で動画データをアップして多くの人と共有することがますが、インターネットで接続をして撮影中の画像や音声をリアルタイムに配信することも可能です。YouTubeライブでは視聴者がコメントを送信する機能があり、配信中に出演者にメッセージを表示させてチャットで会話をすることができます。YouTubeライブコメントの送信と表示方法を簡単にご紹介します。

YouTubeライブ録画ソフトーWondershare Filmora

  • *MP4など多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 面倒な設定は一切不要ですぐに画面録画を開始できる
  • ウェブカメラの映像も同時に録画できる、マイクの音声も録音可能
  • *トリミング、結合、クロップ、BGM追加など多様な動画編集機能
  • *豊富なタイトル、字幕テンプレート、フィルターで動画をかっこよく編集
  • *ピクチャーインピクチャー、クロマキーなどの高度編集機能

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 1.YouTubeライブでコメントする方法

ライブ配信中にメッセージを送るためには、アカウントを登録して自分のチャンネルを作成しておく必要があります。自分用のアカウントでログインしてから動画を再生すると画面にチャット欄が表示され、「メッセージを入力」をクリックして入力すればコメントを書き込むことができます。まだ自分のチャンネルを作成していない場合には、チャンネル作成を促すメッセージが出てきます。

チャンネルの作成方法ですが、画面右上のアイコンをクリックして表示されるメニューの中から「クリエイターツール」を選択します。チャンネル作成のポップアップが出てくるので、これをクリックすれば自分用のチャンネルを作成することができます。チャンネルを作成したら再度動画の再生画面を開き、チャット欄にメッセージを入力して送信することができるようになります。

アプリ版にはチャット機能が無いので、スマートフォンからコメントを送信する場合にはGoogle Chromeからアクセスするようにしましょう。アクセスが集中していたり連続して同じ内容を送信すると一定時間ブロックされることがあります。

Part 2.YouTubeライブのコメントを透過させる方法

YouTubeライブでチャット機能を利用する際に、画面にYouTubeライブコメント表示をさせることで全画面表示で視聴している場合でもメッセージを読むことができる透過機能があります。この機能を利用するためにはOBSというツールをインストールしておく必要があります。ちなみにOBSは「OBS Studio」のサイトから、無料でダウンロードすることができます。

送信されたチャットのメッセージを動画の画面に透過させる手順ですが、

ステップ1:まず最初にYouTubeのライブ管理画面を開きます。

YouTubeのライブ管理画面

ステップ2:次にチャット画面の右上の点のマークをクリックして「チャットをポップアウト」を選択します。

チャットをポップアウト

ステップ3:チャットウィンドウが新規画面でポップアウト表示されるので、画面上のURLをマウスで反転させてコピー(またはCtrl+C)してからポップアウト画面を閉じましょう。

チャットをポップアウト

ステップ4:URLをコピーしたらOBSを開いて「ソース」に「Brouwser Source」を追加しましょう。

Brouwser Source

ステップ5:設定画面の一番上に先ほどコピーしたURLをペーストして右下の「OK」をクリックすれば、コメントが透過表示された画面でライブ動画を視聴することができます。

チャットのメッセージを動画の画面に透過させる

Part 3.YouTubeライブ動画を録画することができるソフトウェアの紹介

YouTubeには視聴者が動画を記録・保存する機能が付いていないので、画面を操作しても録画することはできません。ライブ動画を録画したい場合には、動画キャプチャー用のソフトを利用する必要があります。YouTubeライブ動画をPCで録画する場合にはFilmora9(フィモーラ9)が一番おすすめです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

このソフトを活用すれば、配信中にキャプチャーする部分をマウスで指定して「録画」ボタンをクリックするだけで簡単に映像と音声を記録して保存することができます。「Filmora9」は動画キャプチャー機能の他に高度な編集機能も備えているので、録画したビデオのカット・トリミング・音声の追加などの加工をすることも可能です。多くのフォーマットに対応しているので、MP4以外の形式で保存することもできます。

動画キャプチャー用の無料ソフトの多くは録画時間・データサイズや解像度などの制限があり、配信の途中で停止・保存しなければならないケースがあります。これに対して「Filmora9」は高解像度で長時間の記録も可能で、途中で途切れることなくライブ配信動画を録画することができます。「Filmora9」はWindows版とMac版の両方に対応しています。

YouTubeライブ動画を録画するソフト

無料動画キャプチャソフトの多くは連続して記録ができる時間が10分~30分程度に制限されているので、ライブ配信される動画を録画する場合は途中で途切れてしまいます。これに対して「Filmora9」は最初から最後まで途切れることなく連続してビデオを録画することが可能なので、一番おすすめです。YouTubeライブ配信を録画しておけば見逃してしまったYouTubeライブ配信コメントを後から何度でも見直すこともできますね。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

録画した動画をもっとかっこよく編集する場合、専用の動画編集ソフトをためしてもいいです。

関連記事:動画編集がフリーでできるソフト12選>>

YouTubeライブ録画ソフトオススメ

YouTubeライブ録画ソフトの基本編集方法


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

• YouTube動画編集
1.1 YouTube動画編集ソフト
1.2 YouTube スピード調整ソフト
1.3 Youtube 録画ソフト
1.4 YouTube動画加工アプリ
1.5 Youtube 動画編集方法
1.6 YouTube スロー再生方法
1.7 YouTube カット
1.8 YouTube 動画アップロード
1.9 YouTube BGM入れ
1.10 YouTube音声抽出
1.11 YouTube 動画回転
1.12 YouTube 動画クロップ
1.13 YouTube 動画投稿