動画に文字・字幕を入れるソフトおすすめ5選(無料・有料)

Wondershare Editor 編集者:

近頃は動画サイトに趣味の動画をアップしたり、それを職業にしている方も増えています。そういったサイトを見て自分でも撮った物を編集して楽しんだりサイトにアップしてみたいなと感じている方も多いはずです。ここでは手軽に編集でき、動画文字入れや動画字幕入れもプロのように簡単に行えるソフトを挙げていきます。

動画に文字・字幕を入れるソフトおすすめ(無料・有料)

第1位 Filmora

そして堂々の第1位にランクインしたのが男女問わず、年齢問わずに使いやすい入門者向けでありながら、それぞれのシーンに合ったテンプレートやお洒落なテンプレートが多い「Filmora(旧名:動画編集プロ)」がランクインしています。 この「Filmora」は初めからテーマ別に用意されたデザイン性の高いモーションエレメントを使う事でプロ同様の編集が出来るのと、新作コレクションが随時更新されるので常に新しい感覚で動画を作る事が出来ます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

その上、文字入れや字幕入れに関してもとてもわかりやすく、そこにエフェクトをかけたり、オリジナルにカスタマイズしたフォントを追加して使用すると映画のワンシーンさながらの出来栄えになります。

また時代に合った編集機能も満載で、InstagramやFacebookから画像や動画をインポートして編集できますし、Twitterでも人気のGIF動画の作成もとても簡単に行えるのでSNSでの活用もしやすいソフトです。他にもクロマキー合成、オーディオ分離機能といった高度な編集が出来るのも特徴です。

このように動画文字入れや動画字幕入れはもちろんの事、SNSや動画サイトにアップロードするのにもインパクトある動画を作成できるのが今の動画文字入れソフトです。そしてひと昔前だとプロでしかできなかった編集方法も今では最初から用意されているエフェクト機能を利用して、初心者でも簡単に行えますしスマートフォンで録画した動画でも高度な編集が出来るのでこれから始めようという方もトライしやすいはずです。動画文字入れソフト無料もあるので、まずはお試して色々なソフトを触ってみることをオススメします。

動画に文字を入れる方法 · テキスト&クレジット

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画文字入れソフトの中で皆さん使いやすいと言っているソフトは多数ありますし、好みも分かれるはずです。しかし、常に上位ランクインしているソフトにはやはりそれだけの理由があります。

第2位 Windowsムービーメーカー

まず、人気の2位にランクインしているのがMicrosoft製無料の「Windowsムービーメーカー」です。 こちらは2017年に公式サポートが終わったものの初心者でも使いやすく日本語に対応しているので手始めに使ってみるにはとても便利です。

第3位 MovieStudio

そして第3位にランクインしているのが、プロ用のVegasPro廉価版「MovieStudio」で、こちらは高機能でありながら動作が軽いと人気が高く、パソコンが重い場合でも難なく使用できるのが特徴です。また有料ソフトの中でもお安いので初めて有料のタイプを使ってみようという方にも手が出しやすいでしょう。

第4位 Adobe Premiere Elements

次に第4位にランクインしているのが、Adobe製プロ用ソフトの家庭用版「Adobe Premiere Elements」です。 お値段は14000円と少々高く感じるかもしれませんが4k・アクションカメラ・自動編集・DVD作成に対応し、本格的に編集をしたい方にお勧めです。

機能性やBlu-ray対応・4k対応・360度動画対応などの最新機能を存分に楽しめる有料ソフトがランクインし、それ以下は無料で動画を始めて作る方でも気軽に楽しめるソフトがランクインしています。

第5位 PowerDirector

また第5位はこちらもお値段が13000円と少々高く感じますが欠点のないソフトと呼ばれる「PowerDirector」がランクインしています。この「PowerDirector」は4k編集を始め360度動画・アクションカメラ・舘動画・画面録画・自動編集・DVD編集・Blu-ray編集が出来、最新機能や今流行りのトレンドにも対応しているのが特徴です。

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>