おすすめの動画キャプチャー・録画ソフト5選

Wondershare Editor 編集者: Aug 18,2017 11:03 am

動画編集ソフトといえば、一昔前までは専門的な分野であることから敷居が高いと私たち一般人からは嫌煙されていました。しかしYouTubeやニコニコ動画など動画共有サイトの登場や、スマートフォンで動画を撮ることが一般的になってきたことから、使いやすい動画編集ソフトが次第に登場しはじめました。サイトで視聴される方も多いので、一度は作ってみたいと思ったことがあるのではないでしょうか? 

その中でも実況動画やレクチャーするために今PC上にリアルタイムで流れている動画をキャプチャーできる録画ソフトが人気です。そこでPC画面をそのまま録画できるおすすめの動画録画ソフトを5つ紹介します。

動画キャプチャーソフトを5つ紹介

録画ソフト1:Filmora(旧名:動画編集プロ) 無料体験版

動画編集がメインですが、今回の新しいバージョンでは動画キャプチャー・録画ソフトとしての機能も追加され、豊富な編集機能をそのまま録画した動画にも使用できるようになりました。ほとんどの動画、画像、音声形式に対応しており、DVD作成やwebへのアップロードも可能、スマホやゲーム機などマルチデバイスのフォーマットに簡単に変換できるおすすめのオールインワンソフトです。

メリットはシェアウェアということでインターフェイスは洗練されていて、分かりやすく、直感的な操作が可能なことです。フリーソフトでは編集機能が多くても、どこにあるかが分かりにくいのですが、配置されているアイコンで、どんな編集機能なのかが分かりやすく、いちいち探す必要がありません。画面録画も素材を追加する「メディア」から簡単な設定をするだけですぐに録画できます。もちろん画質やフレームレートなど詳細な設定も可能。特にデメリットもなく優秀な動画編集ソフトです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

録画ソフト2:Apowersoftフリーオンラインスクリーン録画ツール

Apowersoftの動画キャプチャーソフトで、ウェブベースのためPCにプログラムをインストールする必要がなく、起動時に一度ツールをインストールするだけで、Javaがなくても動作します。「録画開始」をクリック後、録画モードと撮りたい範囲を指定するだけ(画面全体も可能)で録画でき、録画が終わったらハードディスクやクラウド、ウェブにアップするだけの簡単操作です。

マウスカーソルが黄色い円で表示され、分かりやすく、肝心な録画もワンクリックで完結するため初心者にも優しいところ、また録画時間に制限がないので時間を気にしなくてもいいのがメリットです。

インターフェイスが簡潔で、分かりやすいのですが、その反面編集機能が少ないのがデメリットです。

録画ソフト3:アマレココ (Windows7以降はアマレコTVに統合。ただし使用は可能。) 

アマレコTVに統合後もアップデートにより互換性を確保し、今もなお使われている定番の無料録画ソフトです。時間制限もなく、ルーキーモードという初心者に対応したモードがあり、使いやすいのですが、初期導入時の設定が複雑で、音声の設定が上手くいかない場合はアマレコTVの使用をおすすめします。

デスクトップの画面やウィンドウを録画する際、多機能でありながら使いやすく、このソフトに限りシェアウェアの「AMVコーデック」が無料で使用できるためエンコードも軽いのがメリットです。

逆にデメリットはフルスクリーンのPCゲームには対応しておらず、ウィンドウ画面でプレイできないゲームは撮ることが難しいところです。その場合アマレコ・ライトを使えば対応は出来ますが、違うソフトなので注意しましょう。

録画ソフト4:デスクトップキャプチャー 価格:810円(税込み)※試用版は14日まで無料

動画キャプチャーソフトではありませんが、画面をキャプチャーするだけではなく、見ながら作業することに特化した便利なソフトです。使い方はWindowsやOfficeに慣れている人であれば直感的に操作ができるため、難しさはありません。

コピーするため同時に画像を複数開いたりする場合やウィンドウの下に隠れてしまうことがよくありますが、一回で保存したり、隠れないようにできる作業効率の良さがメリットです。

デメリットは2010年9月30日が最終更新となっており、その時点での状態のためWindows7以降に正式対応していないことです。

録画ソフト5:AG-デスクトップレコーダー 

本ソフトの作者が制作している「AmuseGraphics」(1500円のシェアウェア)に付属する動画キャプチャーソフトです。多機能でありながら操作に癖がなく、設定すれば録画の停止、開始をタスクトレイのアイコンを右クリックして出るメニューや2つのキー(任意でカスタマイズ可能)の同時押しで撮れる簡単なもので、ユーザーを選ばないデスクトップ画面を録画するフリーソフトとしてはかなり優秀です。

このソフトの特徴でもあるバッファリングエンコードは録画したデータを後からエンコードすることによって録画中の負荷を減らせるメリットがあります。もちろんリアルタイムでのエンコードも可能です。さらにオリジナルのコーデックAGM-DCTやAGM-DCT+など低負荷で高画質なエンコードができるのもいい点です。
デメリットは詳細な設定が可能ですが、ある程度の知識がないと、どうすれば高画質で録画できるか分からないところです。しかし慣れてくれば綺麗に録画する設定も見つかるので、問題ないかもしれません。

このカテゴリーは呼称が統一されていないので、呼び方はさまざまですが、今大人気のカテゴリーです。動画を作成・アップすることも今や普通ですが、同時に録画だけではなく、編集も必須。優秀なフリーソフトもたくさんありますが、腰を据えて編集するのであればシェアウェアが一番です。初心者でも使いやすい配慮や、インターフェイスのクオリティはなかなかフリーソフトではカバーできないものです。

加えて突発的なバグなどに対応する早さも常にサポートされているのでお金を払う価値は十分あります。その中でも「Filmora(旧名:動画編集プロ)」が一押しです。保存したい動画を高画質で撮れる上に、元々持っている豊富で使いやすい編集機能で、ユーザーの技量を選ばず納得する作品に仕上げられます。録画から編集、アップまで最初から最後までこれ一本で全てをこなせるので、何がいいのか迷っている方はまず体験版をお試しください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。