Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手

おすすめのオンライン翻訳サービス

AI翻訳機能が新搭載|動画編集ソフトFilmora
  • 新機能AI画像生成:指示文からAIで画像を生成する
  • ChatGPT搭載:無料で画像呪文を生成・翻訳できる
  • テキスト読み上げ機能:ボイス10種類&16種類の言語をサポート
  • オーディオエフェクト:ワンクリックでボイスチェンジャー
  • AI自動字幕起こし:SRTファイル&16種類の言語をサポート
無料で試してみる

動画の字幕翻訳におすすめのオンライン翻訳サービス【2024年版】

fukuda
fukuda リリース日: Mar 22, 24, 更新日: May 30, 24
AI画像生成ツール
AI翻訳|Filmora新機能

コンテンツの翻訳は言語の壁をなくし、世界中の視聴者を魅了することができます。そのため、多言語に字幕を翻訳するクリエイターも多数存在します。効率的に動画を翻訳したい人にとって、オンライン字幕翻訳サービスは不可欠です。この記事では、おすすめの動画字幕翻訳ツール10選を紹介します。

特典で音声を正確に翻訳できるパワフルなAIツールもご紹介します。それでは早速、最適な字幕翻訳ツールを見ていきましょう。

目次
  1. パート 2. 最適なオンライン字幕翻訳サービスを一挙公開
  2. まとめ
AI翻訳で動画を翻訳する|動画編集ソフトFilmora
AI翻訳:動画の音声とテキストともに翻訳対応可能
ChatGPT機能:呪文をカンタンに生成・翻訳する
Wondershare Filmora

パート1: 動画編集に字幕翻訳を採用するメリットとは?

オンライン動画字幕翻訳サービスは動画配信のグローバル展開や作業時間の効率に役立ちます。その他にもメリットがたくさんありますので、事前に確認していきましょう。

1. グローバルな視聴者にリーチ

動画コンテンツを多言語に翻訳すれば、世界中の人にあなたの動画を視聴してもらえます。その結果、チャンネルに多くの収益をもたらすことができます。分析によれば、字幕付きの動画は字幕なしの動画よりも40%多く再生されています。

2. コンテンツ理解の向上

動画に字幕を付けることで、視聴者はコンテンツをより深く理解できます。字幕があれば、視聴者は動画を一時停止して、字幕を読み直すことも可能です。耳の不自由な視聴者にとっても、字幕はコンテンツの理解に役立ちます。

3. エンゲージメント率の向上

エンゲージメント率の向上は、字幕を翻訳する主なメリットの一つです。エンゲージメント率とは、YouTubeの場合ではフォロワー数に対して「いいね」をもらえる割合を示します。字幕を翻訳すれば、多国籍の視聴者が動画の内容を理解できるようになります。その結果、動画が最後まで視聴されるようになり、エンゲージメント率を高めることができます。PLYMediaのレポートでは、字幕を付けたことで、最後まで動画を視聴するユーザーの割合が80%増加したことを示しています。

4. リテンション率の向上

字幕付きのYouTube動画をアップロードすれば、リテンション(視聴者と関係を維持すること)の向上に繋がります。字幕は視覚情報の正確な理解に役立ちます。視聴者が母国語でコンテンツを視聴できれば、あなたのチャンネルに愛着を持ち続けるでしょう。

5. シェア数の増加

シェア数の増加も、字幕を導入するメリットです。YouTubeや他のプラットフォームでは、視聴者が動画のリンクを共有できるオプションがあります。視聴者が字幕付きのあなたのコンテンツに親しみを持てば、友達とシェアするようになるでしょう。

パート 2: 最適なオンライン字幕翻訳サービスを一挙公開

オンライン翻訳市場は飽和状態にあるため、適切な翻訳サービスを見つけることは困難かもしれません。ここでは、現時点で利用できるオンライン字幕翻訳サービス10選を一挙公開します。

2024年のおすすめオンライン字幕翻訳サービス10選
1. Smartcat
2. Media.io
3. Kapwing
4. Happy Scribe
5. Subtitles Translator
6. Simplified
7. Flixier
8. Subly
9. SubtitleBee
10. Akbar Projects

1.Smartcat

SmartcatはSRTファイルの翻訳におすすめのAI翻訳ツールです。字幕を約280種類の言語にローカライズできます。チームとファイルを共同する作業スペースがあります。また、メモリや翻訳エンジンの搭載により、従来のツールよりも100倍速いスピードで翻訳を行います。

smartcat online subtitle translator

メリット

  • Smartcatで生成された字幕に変更を加えることができます。
  • 適応アルゴリズムを利用して、生成されたファイルの精度を保証します。

デメリット

  • AIの字幕翻訳は年間15万単語までの制限があります。

2.Media.io

Media.ioは127種類以上の言語に対応し、人気を集めているオンライン字幕翻訳&エディターです。TXTまたはSRT形式で翻訳された字幕をエクスポートできます。字幕をコンテンツに自動で同期させることも可能です。AI技術で音声を多言語に書き起こす驚くべき機能も備えています。ウォーターマークなしで高精度の字幕を生成するサービスです。

media io online subtitle translator

メリット

  • クロスプラットフォーム互換性でワークフローを改善します。
  • 字幕のフォント、色、サイズ、位置、背景を手動で変更できます。

デメリット

  • 無料版では、250MB以下のファイルに制限されています。

3.Kapwing

Kapwingもグローバル展開に役立つオンライン字幕翻訳ツールです。75種類以上の言語に対応し、精度の高い翻訳が可能です。多国籍の視聴者を増やすことができます。様々なプラットフォームで利用できる共同字幕翻訳サービスです。

kapwing online subtitle translator

メリット

  • 字幕の正確に配置に役立つタイムスタンプを微調整できます。
  • SRT、VTT形式の字幕ファイルをアップロードできます。

デメリット

  • 無料版の自動字幕機能の利用は、毎月10分間に制限されています。

4.Happy Scribe

Happy Scribeは、60種類以上の言語をサポートする人気の自動字幕翻訳サービスです。複数のカスタム機能を備えた字幕エディターが特徴です。動画やブランディングに合わせた、ファイル形式に対応し、VTT、SRTなどの一般的なファイル形式で出力できます。またCPS (1秒あたりの文字数)やCPL(1行あたりの文字数)管理により、字幕の見栄えを向上することも可能です。

happy scribe online subtitle translator

メリット

  • YouTubeなどの主要なプラットフォームと連携した処理が可能です。
  • 高速処理により、数秒以内で字幕を翻訳します。

デメリット

  • オーディオの品質によって音声認識の精度が変わります。

5.Subtitles Translator

Subtitles Translatorはパワフルな字幕エディターを備えた、オンライン翻訳サービスです。SRT、VTTを含む6種類のファイル形式でインポートおよびエクスポートが可能です。ライトユーザーや専門家の字幕のローカライズに役立ちます。80種類以上の言語に対応し、広範囲のユーザーをターゲットにした、グローバル展開を可能にしてくれます。

subtitle translator online subtitle translator

メリット

  • 最大で20個の字幕を同時に翻訳できます。
  • 2パターンの翻訳から最良の字幕を選択できます。

デメリット

  • 字幕の翻訳処理に少し時間を要します。

6.Simplified

Simplifiedはエンゲージメント率の向上に役立つ、ワンステップソリューションが特徴的な自動翻訳サービスです。フォントのサイズ、色、スタイル、位置のカスタム設定が利用できます。動画編集者、マーケティング専門家、ソーシャルメディアのインフルエンサーに最適なサービスです。音声合成やナレーション機能を使って、シームレスなコンテンツに仕上げることも可能です。

simplified online subtitle translator

メリット

  • 最近流行りの字幕スタイルを利用できます。
  • 高精度な翻訳機能で、字幕を多言語にローカライズできます。

デメリット

  • 初心者に分かりづらいインターフェースです。

7.Flixier

Flixierは有名なオンライン字幕翻訳サービスの一つです。30種類以上の言語や方言に対応しています。数回クリックするだけで、字幕の翻訳とカスタマイズが可能です。コラボレーション機能で、ローカライズの割り当てや、他の人と編集を共有できます。手動による編集で、字幕の精度を上げることも可能です。

flixier online subtitle translator

メリット

  • TXT、SRTなどのファイル形式と互換性があります。
  • 字幕のフォント、色、背景を変更して、読者にアピールできます。

デメリット

  • 字幕翻訳機能が分かりづらい、複雑なインターフェースです。

8.Subly

字幕、音声、動画、SRTファイルを翻訳したいですか?Sublyを使えば、迅速なソリューションでローカライズの時間を短縮し、世界中の視聴者に適切な字幕を届けることができます。内蔵のオンラインエディターでは、字幕が正確に反映されているかを確認できます。また、字幕に適切なタイムスタンプを合わせることも可能です。

subly online subtitle translator

メリット

  • オンラインでSRT字幕を世界の73種類の言語に翻訳します。
  • VTT、SRT、TXTなどの形式でファイルをエクスポートできます。

デメリット

  • 無料トライアル版の利用は7日間のみで、利用できる機能に制限があります。

9.SubtitleBee

SubtitleBeeはAIを搭載した自動翻訳・書き起こしツールです。120種類以上の言語を認識し、ローカライズファイルを生成します。さらに、自動的に動画にキャプションを追加することも可能です。スマートなアルゴリズムで、自動字幕とキャプションの高い精度を保証します。

subtitlebee online subtitle translator

メリット

  • AIを使った音声ファイルの書き起こしに役立ちます。
  • YouTubeのリンクを貼り付けて字幕を翻訳することができます。

デメリット

  • ASSとSUBを含む一部のファイル形式をサポートしていません。

10.Akbar Projects

Akbar字幕翻訳ツールは、簡単なステップでSRTファイルを翻訳することができます。また、タイムスタンプで翻訳されたテキストの編集や整列に役立ちます。コードやタグを保持する設定オプションもあります。さらに他の翻訳エンジンで翻訳することも可能です。(一部のツールは有料)

akbar projects online subtitle translator

メリット

  • ファイルをドラッグ&ドロップするだけで翻訳を生成できます。
  • 100種類以上の言語の字幕ファイルを短時間で作成可能です。

デメリット

  • 他のツールよりも翻訳の品質が劣ります。

著者のおすすめ

上記で紹介した翻訳サービスの中でも、特におすすめのサービスは「Smartcat translator」です。280種類もの言語に対応しており、チームと共同でコンテンツを管理して、作業できるメリットがあります。また、低コストな割に100倍の速さで翻訳が可能なことも魅力の一つです。

特典:字幕の代わりに動画をまるごと翻訳したい?その方法を教えます。

コンテンツ制作業界では、グローバル展開を視野に入れた動画の翻訳がトレンドになっています。そのため、動画の字幕翻訳ツールではなく、動画全体を翻訳するWondershare Filmoraのようなツールが効率的です。Filmoraは、動画を様々な言語に翻訳する高度なAI翻訳機能を搭載し、音声とテキストの両方を翻訳することもできます。

Wondershare Filmoraの翻訳機能は「自動文字起こし」に組み込まれています。テキスト化された字幕はタイムラインのメディアとマッチさせることができます。翻訳したい言語を指定して、自動文字起こしを行えば、翻訳された字幕が生成されます。

Wondershare Filmoraの主な機能

  1. AIフレーム補間: Wondershare FilmoraのAIフレーム補間は、カクカクした動画を滑らかにする機能です。フレームレートや速度を調整しながら、滑らかな動画に仕上げることができます。
  2. キーフレーム: キーフレームは動画や画像テキストに位置や大きさ、角度、不透明度などのパラメーターを記憶させて、2点の間をアニメーション化させる機能のことです。Filmora13では、キーフレームグラフエディター、イージング機能が追加され、従来よりも快適にキーフレーム処理が行えるようになりました。
  3. インスタントモード: 急いで動画を作成する場合に便利な機能がインスタントモードです。Filramoのテンプレートを選択して、手持ちの画像や素材を組み合わせれば、自動で簡単に動画を作成することができます。

Wondershare Filmoraを使った動画翻訳のステップガイド

Wondershare Filmoraの様々な機能を理解したら、次は動画翻訳の手順を学びましょう。以下のAI動画翻訳の基本的な操作ガイドを参照してください。

ステップ 1 新しいFilmoraプロジェクトを作成し、メディアコンテンツを追加する

メイン画面の 「新規プロジェクト 」ボタンをクリックして、新しいプロジェクトを作成します。編集画面に移動したら、メディアをインポートします。インポートしたメディアをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

add media files to filmora
ステップ 2 自動文字起こし機能にアクセスする

タイムラインのツールバーから「自動字幕起こし」をクリックします。

look for ai translate feature
ステップ 3 翻訳する言語を指定して、カスタム設定を選ぶ

設定画面で「自動字幕起こしをする言語」のドロップメニューから翻訳したい言語を選びます。「変換するファイルを選択」「タイムライン上の出力の表示」を選択し、自動でトランスクリプションを一致させる「自動一致 」オプションを有効にします。設定が完了したら「OK」ボタンを押します。

set all translation settings
ステップ 4 翻訳した動画をエクスポートする

トランスコード中のプログレスバーが表示され、字幕の作成が開始されます。完了後「エクスポート」ボタンをクリックしてファイルを保存します。

save final translated file

まとめ

この記事では、ハイレベルなオンライン字幕翻訳サービスを紹介しました。ここで紹介したツールは、いずれも翻訳を容易にするAIが搭載されています。ネットの接続環境に左右されるオンラインツールの代わりに、オフラインでも利用できるWondershare Filmoraのようなソフトウェアもおすすめです。高度なAI機能を備えたwondershare Filmoraは、動画制作だけではなく、動画翻訳のニーズも満たす動画編集ソフトとして高い評価を得ています。

無料ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda May 30, 24
記事をシェアする: