カラーグレーディング

カラーグレーディングフォルダには、ソフトウェアにインポートしたすべてのビデオの色を強調するためにエフェクトに使用できるビジュアルエフェクトが多数含まれています。ビデオの色のグレーディングを開始する前にビデオクリップのトリミングや切り取り、タイムライン上での順序の並べ替えなどの基本的なビデオ編集操作を完了してください。これにより、ビデオの最終カット全体で色調を合わせることができます。

カラーサイクル

FilmoraProのカラーグレーディング

このエフェクトはカラーパレットからループを作成し、カラーサイクルをマッピングするためのソースとして使用するカラーチャンネルをコントロールしたり、エフェクトをイメージとブレンドしたりするためのプロパティを提供します。

  • フェーズ開始: 輝度や色相など、カラーサイクル全体のマッピングに使用するチャンネルを選択するためのプリセットオプションが多数用意されています。
  • 位相シフト: カラーサイクル処理を設定し、各色を個別に調整できます。事前に定義された色の範囲につや消し色を作成を補助します。

 FilmoraPro color grading

昼の映像を夜に変えるグレーディング

曇ったショットを実際に記録された時刻に関係なく、簡単に夜景に変えることができます。このエフェクトを適用する動画はカラフルすぎたり、直接光源が無いものが適しています。

カラーグレーディング

このエフェクトは、水平オプションでコントロールできるグラデーションを作成します。色は遠近機能を使用して操作できます。

地平線:近くの領域と遠い領域の間の分割が画像内のどこにあるかを決定するために使用されます。

近距離

  • レッドガンマ: スライダーを左または右にドラッグすると、画像の赤のレベルが増減します。赤とオレンジの色調で都会の夜景をシミュレーションするのに適しています。
  • ブルーガンマ: エフェクトによって適用される青のレベルを調整できます。人工照明の光源がない風景や撮影に適しています。
  • 明度: 近くの領域の明るさを選択できます。
  • 彩度: 赤と青のガンマ値の彩度のレベルをコントロールするために使用されます。

遠距離

  • ガンマ: 画像の遠くの部分のコントラストはこの機能で変更できます。
  • 明度:遠方の明るさを選択できます。
  • 色相: 画像の遠くの部分の色相値を調整できます。

カラーグレーディング

色相

カラーグレーディング

このエフェクトをビデオクリップに適用すると、特定のレイヤーに新しい色相値をすばやく設定するのに役立ちます。色相の色付けエフェクトには多数のプリセット値がありますが、最大の視覚エフェクトを得るために色相の強さ、彩度、明度の各プロパティをカスタマイズすることもできます。

カラーグレーディング

色相シフト

310マゼンタや240ブルーなど、プリセットの色相値で、このエフェクトを適用すると映像の色相値を自動的に変更することができます。色シフトの回転ホイールを使用すると、ビデオクリップの色相値をカスタマイズしながら、カラースペクトル全体を確認できます。彩度と明度は、色相の強度と明るさを微調整するために使用できます。

 FilmoraPro color grading

反転

このエフェクトが適用されたビデオクリップの色を反転することにより、ネガティブイメージを作成します。反転エフェクトには追加のプロパティは含まれていません。エフェクトを適用した後でクリップの明るさや彩度を調整する必要があります。

 FilmoraPro color grading

LUT

LUT

LUTファイルを使うと、ハリウッド映画で使われているような特定のフィルムの色調の設定を再現し、動画ファイルの色彩を変更することが可能です。プリセットで搭載されているライブラリからLUTを選択するか、業界標準のLUTファイルを読み込んで使用できます。もとのクリップにLUTファイルが反映される強弱の度合いを調整することもできます。

三色ストリップ

カラーグレーディング

カラーシネマの初期の頃に使われていた、レッド、グリーン、ブルーの色を強調し、豊かにするテクニックを再現しています。このエフェクトでは、強い青や強い黄色などのプリセットが多数用意されていますが、緑、青、または赤の色の強度を手動で引き上げることができます。このオプションは適度に使用してください。色の強度が高いと、ビデオのリアリズムの錯覚が働かない可能性があります。

 FilmoraPro color grading

二色ストリップ

カラーグレーディング

ビデオクリップに適用し2色ストリップ処理のシミュレーションを作成します。フィルタのプロパティは、カメラのセンサーが敏感な色を模倣し、動画を2色に減らします。一方、染料設定は動画を再描画して3色バージョンに変換します。

 FilmoraPro color grading

ハロウィーンまたはアイシーのプリセットは、各エフェクトの設定にデフォルト値を提供します。プロジェクトで使用するビデオクリップにさまざまな色の組み合わせを試すことができます。

自然な彩度

カラーグレーディング

ビデオクリップの色をより鮮やかに見せ、画像の局所的なコントラストを上げることでエッジの詳細を強調します。

カラーグレーディング

  • 半径: サンプル領域の半径を設定します。より広いサンプル領域を設定することで、画像のより自然な外観を実現できます。
  • 強度: エフェクトが涼しくまたは暖かくなるかを調整します。より高い明度値に設定すると、優勢な青と緑を基調としたクールな外観となります。一方、低い明度値は一般的に画像を暖かく見せる赤と黄を強調します。
  • 繰り返し: 繰り返し回数を変更すると、ビデオのコントラストが向上しますが、繰り返し回数を大きくすると色がリアルに見えなくなります。

ビネット

カラーグレーディング

ビネットエフェクトはビデオクリップの縁に通常黒いオーバーレイを追加しますが、ビネットの色はエフェクトのプロパティで簡単に変更できます。さらに柔らかさ、曲率、およびエフェクトが提供する他のすべての設定をカスタマイズすることができます。 HD VintageやHD Softなどのプリセットを使用して、視覚的なエフェクトを高めることができます。

  • 幅と高さ: スライダーを使用すると、ビネットのサイズをピクセル単位で設定できます。
  • 水平および垂直方向のストレッチ: ビネットを全方向にストレッチできます。値のいずれかを小さくすると、ショットの重要な部分が削除される可能性があることに注意してください。
  • 柔らかさ:ビネットの内側の羽のサイズを設定します。
  • 曲率:ビネットの外側部分のサイズをコントロールできます。
  • 強さ: ビネットオーバーレイの強度を決定します。
  • カラー: ユーザーはビネットの色を選択できます。

ビネット露出

ビネットエフェクトのようにオーバーレイを適用する代わりに、ビネット露出エフェクトを使用すると、ビデオの露出を操作してビネットを作成できます。他の多くのプリセットの中でも、露出オーバーまたはモデレートは、広範囲のビデオ編集設定で利用できますが、各プリセットを手動で調整するオプションを使用することもできます。ソース動画でハローエフェクトを作成したり、不要なケラレの影響を減らしたりすることは、ビネット露出エフェクトを使用できる多くのコンテキストの一部の機能です。

カラーグレーディング