マスキング

マスキングとは、レイヤーの一部を見えなくする機能のことを指します。(一般的に動画クリップや画像、エフェクトなどに適用)

このテクニックは表示、非表示をコントロールするマットを作成する目的で使われます。

マスクの作成

ビューアパネルを開き、動画クリップや画像をタイムラインに配置します。画面左端に四角のアイコンsquare icon for masking filmoraproをクリックすると、長方形、楕円形、フリーハンドマスクが左から右に表示されます。

注意: マスクの種類を表示するには、四角のアイコンをクリックしながら長押ししてください。

masking types filmorapro

  • 長方形楕円形マスクは名前のとおり楕円/円形、正方形/長方形のマスクを作成します。使用したいマスクをクリックし、ビューアにドラッグしてください。マウスから指を離すとマスクが形成されます。

Rectangle Masks filmorapro

シフトキーを押して完璧な円または四角を作成しましょう。Altキー(Mac)を押すと、マスクを画面の中心に配置することができます。

  • フリーハンドマスクツールを使うと、長方形と楕円形マスクでは作成できない形のマスクを作ることができます。

freehand mask filmorapro

ビューアのツールをクリックし、最終的に描きたい形を構成するポイントを作成します。ポイントをつなぐ線が形成されますので、線をドラッグしてカーブをつけることができます。

「拡張」を使って、線とポイントを調整します。右クリックでポイントを編集したり、操作のオプションから選択することができます。

カーブのロック: カーブをスムーズに描くのに役立ちますy。拡張を調節するともう一方も同時に調整されます。

カーブのロック解除:線のカーブを保ちつつ、シャープな角を作成するのに便利です。拡張は個々に調節します。

make curved unlocked filmorapro

直線: 直線を使って角度のある角を作成します。

フリーハンドマスクを閉じて作ったマスクを有効にします。マスクを閉じるには、最初に作成した点をクリックしてください。少なくとも3つの点がある限り、マスクは閉じた状態で有効になります。

マスクの編集

マスクをカスタマイズ&編集する2つの方法:

フリーハンドマスク – このツールを使ってマスクの形を調整します。マスク上で修正可能な箇所が表示されます。コントロールパネルからフリーハンドマスクを開いてください。

選択ツール – プロジェクトのレイヤーを調整する目的で使用します。形を変えることなくサイズや位置を調整することができます。コントロールパネルから開いてください。

形の編集

フリーハンドマスクツールを使って、マスクの形を変更します。

各ポイントをクリックし、ドラッグして形を変更します。カーブポイントには、曲率を変更するためのベジェコントロールがあります。

直線ポイントを追加するには、線をクリックしてください。線をクリック&ドラッグして新しいカーブポイントを追加します。

複数のポイントを選択するとボックスがポイントを囲み、編集ができます。

multiple points filmorapro

  • 選択した点を均等に拡大縮小したい場合は、任意の角をドラッグします。
  • Shiftキーを押したままにすると、縦横比ロックが無効になります。
  • 選択した点を対角線上で均等に拡大縮小するには、Ctrl(MacではCommand)キーを押してください。
  • フリーの拡大縮小を行うには、Shift + Ctrl(Macの場合はShift + Command)を押します。
  • Alt(Mac用)キーを押しながら角をドラッグすると、選択したポイントが回転します。

その他オプションは、選択したポイントを右クリックして確認してください。下記のオプションのメニューが表示されます。

masking options filmorapro

  • すべて選択 - マスク内のすべてのポイントを選択します。
  • 選択を反転 - 選択したポイントが選択解除され、選択されていないすべてのポイントが選択されます。
  • リセット - マスクを元の形に戻します。

形の変更

ビューアパネルの選択ツールを使い、マスクの大きさと位置を調整します。まず始めにコントロールパネルからマスクを選択してください。

ビューアパネルに、マスクの形を囲む境界ボックスが表示されます。形を変更せずに形状を拡大縮小または、配置するために使用します。クリック&ドラッグしてマスクを再配置することもできます。

Shiftキーを押しながらマスクをドラッグし、アンカーポイントを移動します。注意:角をドラッグすると、選択したポイントがアンカーポイントから均等に拡大縮小されます。

マスクにアニメーションをかける

履歴プロパティのキーフレームが有効になっている場合は、アニメーションキーフレームを使ってマスクの位置、大きさ、および回転プロパティにアニメーションをかけることができます。

個々のマスクポイントにキーフレームをつけることはできません。詳しくはキーフレームのページをご覧ください。

プロパティーの作成

コントロールパネル、またはタイムラインからプロパティーを編集することができます。

反転:マスクが該当の形の内側、外側の領域を切り替えます。

inverted masking filmorapro

ブレンド:複数のマスクの形をブレンドします。

blend masking filmorapro

形:

  • 拡張 – 形や位置を変えずにマスクを拡大または縮小します。
  • フェザー – 該当の形の内側、外側、またはその両方の3つの方法でフェザーをつけることができます。
  • フェザー強度 – より強いフェザーで柔らかい縁を作ります。
  • 丸み – ポイントを変えずに直線から曲線にします。

 masking shape filmorapro

変更:

  • パス – このプロパティのキーフレームを有効にすると、マスクの形にアニメーションをかけることができます。
  • 不透明度 – マスクの透明度を調整します。
  • アンカーポイント – マスクのアンカーポイントを設定します。マスクの中心は0、0です。
  • ポジション – マスクをX軸とY軸に沿って移動します。
  • スケール – マスクのサイズを拡大または縮小します。チェーンアイコンを使ってX軸とY軸のリンクを解除できます。

 masking transform filmorapro

回転 – マスクをアンカーポイントを中心に回転させます。回転は回転数と角度で表されます。