キーイング

般に特定の色を認識することによって行われる、ビデオまたは画像のさまざまな要素の削除は、キーイングと呼ばれます。キーイングは下記の操作で行ってください。

  • エフェクトパネルが有効になっていることを確認してください。無効になっている場合は上部の表示メニュータブを押してください。パネルに入りエフェクトを選択します。エフェクトパネルが画面の左下に表示されます。
  • 左上隅にあるコントロールパネルを開くこともできます。エフェクトの横にあるプラス(+)アイコンを押します。
  • エフェクトのリストをスクロールしてキーイング機能を確認してエフェクトを選択してください。

クロマUVブラー

キーイングを行う際は、ピクセル化されたステップがキーの端の上に表面化する場合があります。このような場合は、キーの直前にクロマUVブラーを使用して、水平方向と垂直方向の両方で同時にエッジを滑らかにするか、またはぼかします。

方向:水平垂直、および水平&垂直の3つの方向から選択できます。水平方向&垂直方向は、水平方向と垂直方向から同時にエッジをぼかします。

クロマUVブラー

色差キー

このキーを使用して、画像または動画からレッドグリーンブルースクリーンもしくはカラーを削除できます。

最小最大ガンマの各スライダーをドラッグしている間に発生した変更を同時にプレビューするには、[マットの表示]オプションをタップします。

カラー差異キー

デムルト

デムルトを使用すると、ストック動画から黒でキャプチャされた背景クリップをキーアウトして、埋め込みアルファチャンネルを作成できます。3つのモジュールがあります:マックスRGB、輝度と平均RGB。

マックスRGB:すべてのピクセルをその中で最も強いRGBチャンネルコンポーネントで置き換えるには、マックスRGBチャンネルモジュールを選択してください。

平均RGB:平均RGBを選択するためには、レッド、グリーン、ブルーの値をそれぞれ合計してから、結果の各値をピクセル数で引き算することです。調整後の数値が最終色のR G B成分になります。

デフォルト

色相&RGBキー

色相&RGBキーを使用すると、カスタムカラーを選択または追加したり、選択したスクリーンカラーを選択するための正確なカラーコードを入力したりすることができます。

アルファマットをすばやく確認するには、[マットを表示]オプションをタップして調整する必要がある領域を決定します。

色相&RGBキー

輝度キー

レイヤーの明るさに基づいてレイヤーをキーアウトするには、このキーが役立ちます。たとえば、このキーを使って動画に映った空全体を置き換えることができます。

ルミナンスキー

マットクリーナー

レイヤーのキー入力終了後に動画の出力クオリティーを高めるため、マット強化で、さらなる調整を行います。

マット強化

アルファ明度&コントラスト

コンポジットのエッジを調整するには、この機能を使って特定のレイヤーのアルファチャンネルの明るさ&コントラストを微調整します。 スライダーをドラッグするだけで明るさとコントラストを調整できます。

アルファの明るさ&コントラスト

クラッシュブラック&ホワイトアルファ

この機能強化は通常のクラッシュブラック&ホワイトエフェクトと同じですが、アルファチャンネルでのみ機能します。この機能強化により、黒をつぶしてキー付き領域から残りの領域を削除できます。白を固定することによって透明な領域を埋めることができます。

クラッシュブラック&ホワイトアルファ

腐食ホワイト

「チョーク」スライダーをドラッグして、レイヤーのアルファチャンネルの端を徐々に除外したい場合は、このエフェクトを利用してください。

ホワイト浸食

アルファ反転

この機能強化を利用して、レイヤーのアルファチャンネルを反転させます。

アルファ反転

マットクリーナー

3つの異なるオプションを使って、コンポジットを整理できます。

スムーズ – キーエッジを滑らかにします。

ぼかし – キーエッジを柔らかくします。

チョーク – キーの端を縮小します。

マットクリーナー

カラーマット削除

動画の構成から暗い領域を除外します。

注:この機能を最大限に活用するには、チャンネルスワッパーを介してストックを合成した後使用してください。

カラーマット除去

スピルの除去

グリーンスクリーンまたはブルースクリーンが削除された後でも、キーエッジから少し色がはみ出すことがあります。色のにじみを減らすか排除するためにはみだしの除去機能を使います。

はみだしの除去