メディアプロパティ

メディアパネルで、インポートしたメディアファイルのプロパティを調整できます。各メディアアセットの横にある歯車のアイコンをクリックして、設定を変更します。

元のファイルのプロパティを変更することはできませんが、[メディアのプロパティ]ウィンドウの他のすべての設定は調整することができます。

  • 名前 – 元のファイル名がデフォルトで使用されますが、変更することが可能です。 [メディアのプロパティ]ウィンドウでメディアアセットの名前を変更しても、ソースファイルの名前は変更されず新しいファイル名は特定のプロジェクト内にのみ表示されます。
  • パス – ソースファイルがハードドライブのどこに保存されているかを確認します。

ビデオ

  • フレームレート – FilmoraProは動画ファイルをインポートすると、自動的にファイルのフレームレートを検出します。すべての動画ファイルにはデフォルトのフレームレートが設定されていますが「ファイル」オプションを選択解除すると、動画クリップの優先フレームレートを設定できます。動画クリップのフレームレートを調整すると、その再生速度を変更したり、スローモーションエフェクトやファーストモーションエフェクトを作成したりできます。
  • 縦横比 – ソースファイルの縦横比がデフォルトで使用されます。ソースからオプションを選択解除し、そのメディアアセットの新しい縦横比を選択して動画クリップの縦横比を変更します。
  • 解像度 –元のファイルの解像度を参照してください。ファイルの解像度はソースファイルの基本的な特性ですので変更できません。
  • 色 -色ビット深度は元のファイルであらかじめ設定されており、変更できません。
  • コーデック –コーデックは、動画クリップのエンコードに使用されるソースファイルのプロパティなので変更することはできません。

オーディオ

オーディオファイルのプロパティは変更できません。

  • 形式 – オーディオフォーマット、チャンネル数、ビット深度を表示します。
  • サンプルレート –ソースファイルのサンプルレートを表示します。プロジェクト設定ウィンドウで選択したサンプルレートは、そのプロジェクトで使用しているオーディオファイルのサンプルレートと一致します。
  • コーデック –ソースファイルのオーディオをエンコードするために使用されるコーデックの種類を表します。

一般設定

  • コンテナ – ソースファイルが利用するコンテナフォーマット(MP4、AVI、MOVなど)を参照してください。

継続時間 – ソースファイルの長さをタイムコード形式で表示します。