レイアウトパネル

レイアウトパネルでは、タイムラインに配置したすべての動画クリップのプレビュー設定を選択できます。使用可能なコントロールは、選択するものにより異なります。

オリエンテーション

選択した動画クリップの向きを変更するには、パネルの左上にあるオリエンテーションコントロールを見つけて、該当するアイコンをクリックしてクリップを反転または回転させます。

オリエンテーション

  • ミラー垂直 – 画像を垂直軸に沿って反転します。複数の動画クリップの向きを変更するには、すべて選択して[垂直にミラー]アイコンをクリックします。
  • 水平ミラー –水平軸に沿って画像を反転します。複数の動画クリップの向きを変更するには、それらをすべて選択して[左右反転]アイコンをクリックします。
  • 反時計回りに90度回転 – 選択したクリップが左に90度回転します。反時計回りに回転アイコンを数回クリックすると、アイコンをクリックするたびに左に90度回転します。
  • 時計回りに90度回転 – 動画クリップは90度右に回転します。時計回りに回転アイコンを数回クリックすると、アイコンをクリックするたびに右に90度回転します。

アンカーポイント

アンカーポイント

アンカーポイントの選択は、拡大縮小するときの中心点を決定し、位置を決めるガイドするのに役立ちます。このパネルで設定したアンカーポイントは、コントロールパネルのトランスフォームコントロールには影響しません。

アンカーポイントの設定は、ミラーアイコンと回転アイコンのすぐ下にあり端、角、中央に小さな正方形がある長方形で表示されています。中央の正方形がデフォルトのアンカーポイント設定です。アンカーポイントとして設定するには、任意の四角形をクリックします。複数のレイヤーが選択されている場合、アンカーは選択全体に影響します。

XボックスとYボックスは、選択範囲を水平軸と垂直軸に沿って、正確に移動します。幅と高さの値は選択範囲を拡大縮小します。このレイアウトパネルでは、スケールコントロールはサイズをピクセル単位で表示しますが、スケール用のトランスフォームコントロールは元のサイズのパーセンテージを使用します。デフォルトでは、拡大縮小は幅と高さをリンクしていますが、リンクアイコンをクリックしてリンクを解除することができます。

整列

レイアウトパネルの下に選択したアセットの位置を変更するための配置オプションがあります。

タイムラインに合わせる

タイムラインに合わせる

  • 水平方向の左揃え – クリップの左側を出力フレームの左端に配置します。
  • 水平方向の中央揃え – クリップをフレーム内で水平方向に中央揃えにします。
  • 水平方向の右揃え – 動画の右側をフレームの右端に配置します。
  • 垂直方向の上端揃え – 動画クリップの上端をフレームの上端に揃えます。
  • 垂直方向の中央揃え - 選択した動画クリップをフレーム内で垂直方向に中央揃えにします。
  • 垂直方向の下端揃え – 動画の下端をフレームの下端に配置します。

[タイムラインに合わせる]オプションを選択すると、選択範囲が出力フレームの上、中央、または下に移動します。選択範囲に整列は、選択範囲を含む見えない境界ボックスに基づいて、選択したクリップを移動します。

選択したクリップに合わせて整列

  • 水平方向の左揃え – 選択したクリップの左側と出力フレームの左端に配置。
  • 水平方向の中央揃え – 選択したクリップが選択したフレームの中央になるように配置。
  • 水平方向の右揃え – 選択したクリップの右側と出力フレームの右端に配置。
  • 垂直方向の上端揃え – 選択したクリップと選択した範囲が上端で揃うように配置。
  • 垂直方向の中央揃え - 選択したクリップが選択した範囲の中央に揃うように配置。
  • 垂直方向の下端揃え – 動画の下端を選択した範囲の下端に配置。

オブジェクトの配置

1つのフレーム内に複数の動画または画像を含むプロジェクトで作業している場合は、オブジェクトの配置機能を使ってすばやく配置できます。この機能を有効にするには、3つ以上のクリップを選択します。

オブジェクトの配置

  • 垂直方向上に分布 – 各クリップの最上部のピクセルを使用して、クリップ間を均等に分割します。最も高い位置にあるクリップと最も低い位置にあるクリップは元の位置に固定されますが、他のすべてのクリップは垂直方向に移動します。
  • 垂直方向中央に分布 – 中央に配置されたピクセルを使用して、選択したクリップをビューアー内で均等に配置します。最も高い位置にあるクリップと最も低い位置にあるクリップは元の位置に固定されますが、他のすべてのクリップは垂直方向に移動します。
  • 垂直方向下に分布 –各クリップの下のピクセルを使用してクリップ間の分離を作成します。最も高い位置にあるクリップと最も低い位置にあるクリップは元の位置に固定されますが、選択した他のすべてのクリップは垂直方向に移動します。
  • 水平方向左に分布 –クリップの左側のピクセルに基づいて、クリップ間を均等に分割します。左端と右端のクリップは現在の位置に留まりますが、他のすべてのクリップは水平方向にシフトされて均等に分割されます。
  • 水平方向中央に分布 – 中央に配置されたピクセルを使用して、選択したクリップ間に間隔を空けます。左端と右端のクリップは現在の位置に留まりますが、他のすべてのクリップは水平方向にシフトされて均等に分割されます。
  • 水平方向右に分布 –クリップの右側にあるピクセルを利用して均等に配置します。左端と右端のクリップは現在の位置に留まりますが、他のすべてのクリップは水平方向にシフトされて均等に分割されます。