ライト&フレア

ライト&フレアは、エフェクトパネルにあるキーイングエフェクトのすぐ下にあるエフェクトです。コントロールパネルの[エフェクト]の横にあるプラスボタンを押して、[ライト&フレア]を選択することもできます。

アナモルフィックレンズフレア

アナモルフィックレンズフレアは、ソースレイヤーに応じて幅広いフレアを作成します。このレイヤーのプロパティの使い方は下記の通りです。

アナモルフィックレンズフレア

2階調化:ソースレイヤによって作成されるフレアの量を定義します。

強度:より繊細な仕上がりにするため、エフェクトの強度を調整するのに役立ちます。

フレアブラー:リアル感が増すようフレアを曖昧にしたいときに使います。

ブレンド:必要に応じてスクリーン、明るさと乗算等のようないくつかの異なるモードを選ぶことができます。

ストリーク数:フレアストリークをさらに追加したい場合はこれを選択してください。さらに、各ストリークを個別にカスタマイズできます。

以下がこのエフェクトを使った画像です。

アナモルフィックレンズフレア

オートライトフレア

自動ライトフレアとライトフレアエフェクトの間には、同様のプロパティがたくさんあります。自動ライトフレアエフェクトはレイヤー内のより明るい領域を認識してライトフレアを適用、強度を調整してソースに応じて自動的にスケールします。

自動ライトフレア

ホットスポットプロパティグループ:ホットスポットプロパティグループを使用すると、ライトフレアの調整色、彩度、ガンマ、および色相方向を完全にコントロールできます。

  • 2階調化は、フレアを作成するためにピクセルがどれだけ明るくするかを定義します。2階調化を高くすると、明るい部分にのみフレアが現れます。2階調化を低くすると、明るくない部分にフレアが現れます。
  • 表示できるフレアの数を決定するには、マックスフレアのプロパティを使用します。

光線プロパティグループ:光線プロパティグループでは、光線の長さと幅をコントロールして光線の品質に焦点を合わせることができます。

以下がこのエフェクトを使った画像です。

自動ライトフレア

ライトフレア

この効果は、多様な範囲のリアルなレンズフレアとライトを生成するための理想的な方法です。さらに、各フレアタイプを大幅にカスタマイズして、無限の選択肢を生み出すことができます。

ライトフレア

ライトフレアは、ホットスポット、光線、独自のエレメントで構成され、それぞれ個別に調整できます。

ライトフレアの配置は、ホットスポットおよびピボットプロパティを使用して簡単に調整できます。メインフレアはホットスポットを使用して配置することができ、ピボットは自動的に光線またはその他の追加エレメントにアニメーションを追加します。

ホットスポット&ピボット

エフェクトは下記のように表示されます。

ライトフレア

ライトリーク

このエフェクトを使うと、撮影中にカメラに入り込んだ不要な光を活性化する新しいカラーグラデーションパターンを作り出すことができます。

ライトリークプロ

ライトリークプロを使用すると以下のようになります。

ライトリーク

ネオングロー

ネオングローを使うと、レーザーやライトサーベルのようなエフェクトを簡単に作り出すことができます。レイヤーのアルファチャンネルを囲む照明エッジを作成することによって機能します。

ネオングロー