オーディオエフェクト

サウンドは動画と同じく重要です。FilmoraProには、動画のサウンドトラックで各オーディオファイルを微調整できるさまざまなオーディオエフェクトがあります。

FilmoraProオーディオエフェクト

逆再生:

選択したオーディオクリップを逆方向に再生できます。オーディオファイルを逆方向に再生するだけなので、このエフェクトはコントロールできません。

バランス:

FilmoraProオーディオエフェクト

プロジェクトのステレオフィールド内でオーディオを左から右へパンできます。エフェクトがオーディオクリップに追加されると、プロパティはコントロールパネルから調整できます。バランススライダーで負の値を選択すると、オーディオが左のチャンネルにパンされ、正の値にするとオーディオが右のチャンネルにパンされます。デフォルトのバランス値はゼロに設定されています。サウンドは両方のチャンネルに均等に分配されます。

カテドラル

この音響効果は、大聖堂のような広い会場の音響をシミュレーションします。

  • ゲイン – 処理中のオーディオ信号の音量を調整できます。

FilmoraProオーディオエフェクト

チャンネルレベル

左右のオーディオチャンネルの全体的な音量は、チャンネルレベルエフェクトを適用して個別に調整できます。

FilmoraProオーディオエフェクト

  • 左 - 左オーディオチャンネルの音量レベルをdBスケールで決定します。元のソース音量は0.0 dBです。
  • 右 - 右オーディオチャンネルの音量レベルをdB単位で決定できます。元のソース音量は0.0 dBです。

コンプレッサー

オーディオファイル内の最大音量ポイントと最小音量ポイントの差が大きすぎると、ファイルが使用できなくなることがあります。コンプレッサエフェクトを使用して、音量の小さい部分を十分に大きくしながらオーディオのピークを減らすことができます。ピークが許容レベルを超えることなく大きくすることができます。


FilmoraProオーディオエフェクト

  • インプットゲイン – コンプレッサエフェクトの影響を受けるソースオーディオの量を制御できます。
  • 2階調化 – これを超えるとファイルが圧縮され、これより下では圧縮がオーディオに影響しないオーディオレベルを設定します。
  • リミッター – ピークをオーディオピークが超えることのできない一定レベルに制限することを可能にします。制限オプションは過度に使用しないでください。サウンドに歪みが発生する場合があります。
  • 比率(x:1) – このオプションを使うと選択された最初の値を超えた場合にオーディオレベルが減少する比率を設定することができます。
  • 曲線 – 非圧縮から圧縮オーディオへの移行をコントロールできます。値が小さいほど、最初の値でハードニーまたは急激なトランジションが作成されます。膝の値が大きいほど、トランジションはスムーズになります。
  • アタックタイム – 最初の値のレベルを超えた後、エフェクトがオーディオを圧縮するのに必要なミリ秒数を決定します。アタックタイムを長くすると、極端なピークが検出され、瞬間的に圧縮されます。
  • リリースタイム – ソースレベルが最初の値を下回る値に到達した後、コンプレッサーがオーディオレベルの低減を停止するのに必要なミリ秒数を決定します。
  • 出力ゲイン – オーディオ圧縮処理後のオーディオ音量を設定できます。

エコー

適用先のオーディオファイルにエコーを追加します。コントロールパネルからアクセスできるエフェクトのプロパティで、エコーの数や元のサウンドからどれだけ離れて削除できるかを選択できます。

FilmoraProオーディオエフェクト

  • ディレイ – このオプションではエコーが原音から削除される際のミリ秒数を調整します。 エコー数の値が1より大きい場合は、 [ディレイ]オプションで2つのエコー間の経過時間も決定されます。
  • フェールオフ – 各エコーの音量を下げる速度を設定します。デフォルトの50%では、最初のエコーはソースオーディオの音量の半分になり、2番目のエコーは元のオーディオ音量の25%になります。
  • エコー数 – ソースオーディオのエコーが繰り返される回数を表示します。最大繰り返し数は20を超えないように設定してください。

イコライザー

オーディオファイル内の特定の周波数の強さを調整すると、オーディオ編集中にイコライザーエフェクトが頻繁に使用されます。どの周波数をハイライトするかは、作業しているオーディオファイルと、達成しようとしているエフェクトによって異なります。イコライザーエフェクトには、ベースブーストローパスなど、最適化に役立つさまざまなプリセットも含まれています。新しい値を挿入するか、イコライザーエフェクトで提供される各オプションのスライダーをドラッグして、使用可能な各プロパティをカスタマイズできます。

FilmoraProオーディオエフェクト

マスターゲイン機能を使用すると、オーディオファイルの音量を変更できます。クリップの全体的な音量は、タイムラインまたはコントロールパネルのプロパティメニューから直接調整できる音量機能でも調節できます。マスターゲインはクリップの基本音量を設定するためにのみ使用します

プロジェクトにインポートするサウンドファイルは値が低いことが多く、最新の再生機器で使用されている規格に従って調整するには、ソフトウェアのオーディオメーターに表示されるデフォルトの値をコントロールしてください。ファイルが任意の時点でピークに達した場合は、マスターゲインレベルを変更することができます。 -18dBでピークに達するダイアログファイルが静かすぎる場合は、マスターゲインを9dBに上げる必要があります。この操作により、全体的な値が-9dBに増加し、音声が聞こえやすくなりますが、必要に応じて音量を調整してください。

ラージルーム

このエフェクトをオーディオファイルに適用すると、大きめの部屋のアンビエントリバーブがシミュレーションされます。作成できるリバーブはミディアムルームで使ったエフェクトで作成したリバーブよりも長くなります。

  • ゲイン - 処理中のオーディオシグナルのボリュームを調節します。

ミディアムルーム

中規模の部屋のアンビエントリバーブがシミュレーションされます。

  • ゲイン - 処理中のオーディオ信号の音量を調整できます。

ノイズ削減

オーディオファイルにバックグラウンドノイズが含まれていると品質が著しく低下することがあります。ノイズ減少エフェクトを使用すると、プロジェクトで使用しているオーディオファイルのノイズレベルを素早く簡単に減少できます。

ノイズ減少エフェクトをオーディオファイルに追加したら、タイムライン上のオーディオトラックに配置し、再生ヘッドをタイムライン上の不要なノイズがある場所に正確に配置します。他に発生したノイズがある場合、複雑なノイズを軽減する効果が軽減されることに注意してください。会話を録音する前に、部屋やその他の撮影場所の音を録音するとすべてのノイズに対処できます。

再生ヘッドを目的の場所に配置したら、コントロールパネルの[エフェクト]メニューにある[ノイズ減少]設定の下にある[ノイズをキャプチャ]ボタンをクリックします。その後ソフトウェアはノイズを検出して除去するために、オーディオファイルをサンプリングします。

FilmoraProオーディオエフェクト

  • ノイズをキャプチャ – このボタンをクリックすると、再生ヘッドの現在位置のオーディオが録音されます。ノイズリダクションエフェクトは、ノイズプリントを使用して、特定の場所およびオーディオトラック上の他のすべての場所からノイズを消去します。

ソフトウェアがノイズプリントをキャプチャすると、さらに多くのノイズ除去オプションが画面に表示されます。ノイズプリントを取り込んだ直後にノイズが除去されますが、追加オプションを使用してノイズ除去プロセスを調整することをお勧めします。

FilmoraProオーディオエフェクト

  • ノイズプリントのリセット – 現在のノイズプリントをリセットし、再生ヘッドをタイムライン上に再配置できます。
  • ノイズプリントに追加 – このオプションを使用すると、ノイズが含まれているオーディオファイル内の複数の異なるスポットを選択し、ノイズプリントに追加できます。
  • 2階調化レベル – ノイズが音声と重なっている場合ノイズを完全に除去すると音声に影響する場合があります。デフォルトの最初の値のレベルは100%です。ソフトウェアによって検出されたすべてのノイズが除去されますが、この値をわずかに減らすと少量のノイズが保持されより自然な音声が作成されます。
  • 減少量 – ノイズを何デシベル削減するかを選択できます。値を大きくするとノイズが完全に除去されますが、この値を小さくするとノイズ除去処理後のオーディオファイルの音声がより自然になります。

ピッチ

オーディオファイルにピッチエフェクトを適用すると、再生速度を変更した後に発生するピッチの変化に対処するのに役立ちます。高音と低音を作るのにも使えます。

FilmoraProオーディオエフェクト

  • セミトーンシフト – 半音シフトスライダーを左右にドラッグすると、ピッチレベルが増減します。このオプションはデフォルトでゼロに設定されおり負の値を割り当てると低音が出ますが、正の値を割り当てると高音が出ます。

スモールルーム

このエフェクトは小さめの部屋のアンビエントリバーブを再現します。作成されたリバーブは、ミディアムルームの部屋のエフェクトで作成されたリバーブよりも短くなります。

  • ゲイン - 処理中のオーディオ信号の音量を調整できます。

電話

FilmoraProを使って、動画のサウンドトラック上で鳴っている電話の音を追加することができます。

  • ゲイン - 処理中のオーディオ信号の音量を調整できます。

トーン

FilmoraPro Audio Effects

タイムラインに配置したオーディオファイルには、一定の周波数で連続したトーンを適用することができます。プリセットメニューには、選択可能なさまざまなトーンが用意されています。タイプ機能では正弦と平方のオプションを選択できます。トーン周波数を上げると、正弦と平方のタイプを区別することが次第に難しくなります。