インポート

メディアのインポート

メディアのインポート

動画またはオーディオファイルをタイムラインに配置するには、まずファイルをメディアパネルに追加してFilmora Proにインポートしてください。新しいメディアファイルはメディアパネルの[インポート]ボタンをクリックするか、ファイルをフォルダからメディアパネルに直接ドラッグ&ドロップで追加できます。

インポートしたいファイルがソフトウェアと互換性があるかどうかを確認するにはフォーマット形式をチェックしてください。

ファイルがメディアパネルに追加されると、ファイルはFilmora Proにて操作できるメディアアセットになります。 1つのプロジェクトにつき同じファイルを複数回使用することができます。また、FilmoraProは元のファイルのみを参照するため、加えた変更は、元のファイルに影響しません。

FilmoraProでメディアアセットをコピーまたは削除しても、コンピュータのハードドライブに保存されているファイルはコピーまたは削除されません。ただし、FilmoraProで同じプロジェクトを複数のコンピューターから作業している場合、FilmoraProは動画編集中にコンピューターのハードドライブから使用するすべての端末からメディアアセットにアクセスできる必要があります。

追加インポートオプション

「インポート」ボタンの横にある矢印アイコンをクリックすると、プロジェクトに新しいファイルを追加する3つの方法が選択できます。

追加インポートオプション

  • メディア –コンピュータ上のフォルダから動画、画像、オーディオなどのメディアファイルを選択し、FilmoraProにインポートできます。
  • 画像シーケンス –ケンス –コンピュータのハードドライブ上のフォルダから画像のシーケンス(番号)をインポートします。ファイルを選択してインポートする前に、画像が適切に配置され番号が付けられていることを確認してください。
  • タイトル –ケンス –あらかじめ作成されているテンプレートなどのタイトルをインポートできます。詳しくはテキスト&タイトル作成ページをご参照ください。

すべてのメディアアセットは、メディアパネルの各ファイルの右端にある歯車のアイコンをクリック、またはファイルを右クリックして[プロパティ]を選択してカスタマイズできます。

別々に録画・録音されたオーディオと動画の自動結合

オーディオファイルと動画ファイルが別々に保存されている場合は、メディアパネルを使って簡単にタイミングを合わせ、結合できます。

別々のオーディオファイルと動画ファイルをFilmoraProにインポートしてから、動画ファイルをクリックして選択します。動画ファイルが選択されている間に、Ctrlキー(Windows)またはCmdキー(Mac OS)を押しながらオーディオファイルをクリックします。その後、選択したファイルの1つを右クリックして[オーディオ/動画の結合]オプションを選択します。

FilmoraProは両方のファイルを分析し、動画ファイルの既存のオーディオトラックを選択したオーディオファイルに置き換えます。同期プロセスが完了すると、タイムライン上で編集できる新しいメディアアセットがメディアパネルに表示されます。

詳細については、オーディオと動画ファイルの結合ページをご確認ください。

オフラインのファイルを再リンク

FilmoraProで既存のプロジェクトを開いた直後に、使用中のファイルがオフラインになっているかどうかが通知されます。メディアパネルですべてのオフラインファイルを確認することができます。コンピュータのハードドライブで確認し、再リンクするとファイルが保存されます。

ファイルがオフラインになる理由

FilmoraProは、ファイルがメディアパネルに追加されるたびに、元のファイルを参照してメディアアセットを作成します。メディアアセットに加えた調整はソースファイルには影響しませんが、元のファイルをコンピュータから削除、名前を変更、またはハードドライブ上の場所を変更したりした場合はメディアアセットはオフラインになります。ソフトウェアが特定のファイルを検索は元のパスによって実行されるため、ソースファイルが保存されている外付けハードドライブがコンピューターから切断されている場合も、メディアアセットはオフラインになります。

以下はメディアパネルにオフラインファイルがどのように表示されるかの一例です。

オフラインメディアファイル

タイムラインに配置したアセットの1つがオフラインの場合、次のメッセージがビューアーパネルに表示されます。

オフラインファイルをタイムラインに表示する

ファイルがオフラインの場合でも、プロジェクトを編集できます。ただしメディアアセットをソースファイルに再リンクするまで、FilmoraProで動画をプレビューまたは視聴することはできません。

再リンク

オフラインのファイルを再リンクする方法:

ソースファイルの回復

ファイルをオフラインからオンラインにする最も簡単な方法は、ファイルを元の状態に復元することです。

  • 誤って移動した場合は、ファイルを元の場所に戻します。
  • ソースファイルの名前が変更された場合は、ファイルの名前を以前の名前に変更します。
  • 誤ってファイルを削除した場合は、ごみ箱からファイルを復元してください。
  • ファイルが保存されているドライブを取り外した場合は、外付けハードドライブをコンピュータに再接続します。

FilmoraProはソースファイルを自動的に検出し、元の状態に復元した後にオンラインに戻します。

個別のファイルを再リンク

歯車アイコンをクリックしてから再リンクボタンをクリックしてオフラインファイルをメディアパネルから直接再リンクしてください。ファイルブラウザが画面に表示されたら、ソースファイルがハードドライブのどこにあるかを検索します。

一括再リンク

FilmoraProはプロジェクトが開かれるたびに自動的にオフラインファイルを検索します。複数のオフラインファイルが検出された場合は、メディアアセットをダブルクリックして再リンクすることができます。ファイルブラウザがポップアップし、ソースファイルへの新しいパスを作成します。 FilmoraProは自動的に見つからないファイルも検索し、新しい場所で発見されたすべてのファイルを再リンクします。フォルダから1つのファイルを再リンクすることで、オフラインになる以前に使用されたオーディオおよび動画ファイルのフォルダ全体を再リンクすることができます。

メディアの置き換え

メディアパネルのすべてのメディアアセットは簡単に置き換えることができます。

Windowsユーザーは、Ctrl、Shift、Altキーを押しながら新しいファイルを古いメディアアセットの上にドラッグアンドドロップし、メディアパネル内のアセットを置き換えてください。

Macユーザーは、Cmd + Altキーを押しながらこの操作を実行できます。交換したアセットがタイムラインに追加された場合、このプロセスによってタイムラインから古い映像が削除され、新しい映像と交換されます。動画、オーディオ、および画像ファイルのみこの操作で置き換えることができます。