保存と出力

FilmoraProでプロジェクトを保存

プロジェクトはCtrl+Sキーボードショートカットの使用にて保存するか、[ファイル]メニューから[保存]または[名前を付けて保存]を選択して保存することもできます。新しいプロジェクトを初めて保存するときはプロジェクトに名前を付けて、ハードドライブのどこに保存するかを選択するよう求められます。

プロジェクトを保存

[名前を付けて保存]を選択すると、保存したプロジェクトの新しい名前または保存先を選択できます。すでに該当のプロジェクトを保存してある場合は、2つ目のプロジェクトファイルが作成されます。

FilmoraのProの動画編集は、プロジェクトを保存する前に何らかの理由でプログラムがシャットダウンした場合でも確実に作業を回復できるよう、一定の間隔でプロジェクトを自動保存します。

自動保存設定の調整に関する詳細は、FilmoraProの設定 ページで確認してください。

プロジェクトで使用しているメディアアセットはプロジェクトファイルに連結して保存されません。 FilmoraProで次回プロジェクトにアクセスする際には、まだ同じ場所に保存されていること、およびファイル名が変更されていないことを確認する必要があります。別のコンピューターでプロジェクトを開く場合は開始してから、メディアアセットを2台目のコンピューターにも転送する必要があります。

出力

出力画面では、動画のエクスポートに関連するすべてのタスクを管理できます。

動画または動画の一部を出力するには、タイムラインの上にある[出力]をクリックして、[インアウトエリア]または[コンテンツ]を選択します。

コンテンツ:タイムライン上のすべてのメディアを動画としてエクスポートします。

インアウトエリア:設定したインポイントとアウトポイントの間にあるプロジェクトの部分のみをエクスポートします。

どちらのオプションを選択しても、[出力画面へ]または[作業を続ける]]の選択を尋ねるダイアログウィンドウが開きます。

filmora proで動画を出力する

「作業を続ける」を選択した場合、エクスポートは開始されませんが、後で確認できるように、エクスポート画面のキューに追加されます。 [出力画面へ]を選択すると、出力画面に移動します。

出力画面で、キューの下にある[出力の開始]をクリックして動画をエクスポートします。プロジェクトの作業を続けたい場合(一部だけをエクスポートして最終動画を完成させていない場合)、エクスポート開始後に出力画面から[エディタに戻る]をクリックすると、引き続き編集を行っている間にバックグラウンドタスクとしてエクスポートを続行します。

出力設定

出力画面

FilmoraPro出力スクリーンの3つの画面:

プリセットパネル

出力画面

エクスポート画面のプリセットパネルには使用可能なすべてのエクスポートプリセットがあります。書き出しプリセットは、2つのカテゴリに分けられます。

  • ユーザープリセット – エクスポートする解像度、圧縮設定、および動画フォーマットの組み合わせを選択し、次回エクスポートの際にプリセットとして保存します。新しいプリセットを作成するには、ユーザープリセットを右クリックし、プリセットを作成の下のオプションの1つを選択してエキスポートプリセット編集ウィンドウを開きます。作成できるプリセットの数に制限はありません。
  • 内蔵プリセット – ソフトウェアがデフォルトで提供するすべてのプリセットはこのフォルダにあります。一般的な動画に適しているエクスポートオプションを提供します。内蔵プリセットをカスタマイズするには、右クリックして[プリセットを作成]の下のいずれかのオプションを選択します。

出力形式オプションの詳細については、フォーマットページをご確認ください。

プリセットをダブルクリックすると、新しい書き出しタスクに適用されるデフフォルトのプリセット設定を変更できます。

ユーザープリセットを削除するには、削除したいプリセットを選択し、プリセットリストの下にあるプリセットの削除アイコンをクリックします。内蔵プリセットを削除することはできません。

キューパネル

間もなくエクスポートされるプロジェクトやセクションがパネルに表示されます。

出力画面

  • 名前 – タスクの名前
  • フォーマット –プロジェクトがエクスポートされるビデオファイルフォーマット
  • プリセット –エクスポート設定(ビデオファイルフォーマット、圧縮設定、アスペクト比、フレームレートなど)を、FilmoraProがタスクに使用します。リストのアイテムをクリックしてドロップダウンメニューから選択すると、別のプリセットを選択できます。プリセットパネルからプリセットをドラッグしてキューのタスクにドロップすることもできます。
  • 長さ –エクスポートするファイルの長さ
  • 出力 - エクスポートした動画、コンピュータまたは外付けハードドライブの保存先。ファイルパスをクリックして保存先を変更し、エクスポートするファイルに名前を付けることができます。
  • 進行 – レンダリングプロセスを追跡するプログレスバー。 [エクスポートの開始]をクリックすると、タスクの完了量と残りの量を確認できます。
  • 開始時刻 – エクスポートが開始された時刻。
  • 経過 - エクスポートが開始されてから経過した時間 残り - エクスポートが完了するまでの残り時間の目安。

 キューパネルの下部には、下記のオプションがあります:

  • タスクの削除 – 選択した1つ以上のタスクをキューから削除します。これらのタスクはエクスポートされません。
  • 完了したタスクを削除(s) – 1つ以上のエクスポートタスクが完了したら、クリックしてキューパネルから削除できます。
  • エクスポートの開始 – キュー内のタスクのエクスポートを開始してクリックしてください。タスクは上から下に処理されます。リストの最初のタスクが2番目のタスクよりも先にレンダリングされます。エクスポートが開始されると、このボタンは[エクスポートの中断]に変わり、エクスポート処理を一時停止するために使用できるようになります。

[エクスポートの開始]ボタンをクリックした後、[エディタに戻る]ボタンをクリックして編集画面に戻ってプロジェクトの作業を続けることができます。レンダリングプロセスは、ワークフローを中断することなくバックグラウンドで進行します。

プレビューパネル

出力方法

プレビューパネルでエクスポートの進行状況を確認できます。ソフトウェアがタスクを進めるにつれて、レンダリングが進行中のフレームがここに表示されます。タスク名、プリセット、圧縮など、処理中の動画の詳細を確認することもできます。プレビューパネルに表示される画像はエクスポートのバッファから取得されます。表示するために追加のレンダリングが必要とされないので、エクスポートプロセスを遅くすることはありません。 

動画クリップを個別に出力

個別のクリップをエクスポートするには、タイムライン上でクリップを右クリックして、表示されるメニューから[出力キューに追加]を選択します。

このプロセスを複数のクリップに繰り返すと、すべて別々のタスクとして出力キューに追加されます。

FilmoraProの出力

出力キューの追加機能は、動画ファイルを新しい形式にバッチ変換する場合に便利です。この方法で動画クリップを出力キューに追加すると、キュー内のタスクの名前にソースとタイムライン上の位置が表示されます。