filmora-pro-horizontal
操作ガイド
動作環境
最新バージョン
ユーザーの声
FilmoraとFilmroaProの違い
無料ダウンロード
symbol-cart
[没有发现URL]

テキスト&タイトル作成

FilmoraProでテキストとタイトルを作成する方法:

新しいテキストレイヤーの作成

フォントやカラーなどのテキストの構成はテキストメニューで変更できますが、必ずビューア内のテキスツールを使って変更してください。

新しいテキストレイヤーの作成

テキストツールの「T」のアイコンは、ビューアの下にあります。クリックしてカーソルをテキストツールに変換し、入力を開始するビューアの領域をクリックします。

新しいテキストレイヤーがタイムラインの新しいトラックに表示されます。

FilmoraProでテキストを作成

タイトルのインポート

FilmoraProにはメディアパネルからインポートできる種類豊富なプリセットタイトルがあります。

タイトルをクリックしてテキストのリストを確認してください。お好きなテキストをインポートをクリックしてメディアパネルに追加してください。そこからタイムラインにドラッグします。

タイトルのインポート

テキスト編集

テキスト編集を行うには、ビューア上でハイライトします。

テキスト編集

    • テキストの内容を変更する: 「T」アイコンを使用してテキストツールを選択し、テキストフィールドをクリックして編集を開始します。
    • テキストスタイルを変更: [テキスト]メニューでテキストのフォント、サイズ、間隔、色を変更します。
    • テキストに境界線を追加: 「ストローク幅」の値を増やします(アイコンは「T」のように見えます)。
    • テキストまたは境界線のいずれかを透明にする: テキストの色または境界線の色に関連するスポイトツールの横にあるアイコンをクリックします。
    • テキストにアウトラインを追加する: [+アウトライン]ボタンをクリックします。既存のテキストを編集中で、新しいテキストの設定を選択しない場合は、テキストがハイライト表示されていることを確認してください。 [+アウトライン]ボタンを複数回クリックして、必要な数のアウトラインを追加できます。スポイトの横にある色付きの正方形をクリックして、アウトラインの色を選択できます。スポイトの右側にある[x]をクリックして、アウトラインを削除します。

下記がいくつかの例です:

テキストのアウトライン

    • テキストのベースラインを変更: 下記の画像のとおりテキストの位置を変更します。

テキストのベースライン

その他のテキストオプション

テキストオプション

TT: テキストをすべて大文字に変更します。

text options : 小文字を小文字に変更します。

Tt: 大文字で開始します。各単語の最初の文字は大文字です。

tt: テキストをすべて小文字に変更します。

T: テキストに下線を追加します。

T: テキストに取り消し線を追加します

T1: 「st」を最初に打つと、小さく盛り上がったテキストを作成します。

T: H₂0の2のように、他のテキストの下に付随するテキストを作成します。

テキストのアニメーション化

FilmoraProでテキストをアニメーション化するには、2つの方法があります。

  • アニメーションエフェクト

エフェクトパネルで「アニメーション」フォルダーを探し、適用するアニメーションをタイムラインのテキストレイヤーにドラッグします。 [コントロール]パネルからアニメーションのプロパティを調整できます。

  • キーフレームの使用

タイムラインでテキストを選択し、コントロールパネルを開きます。ここから、キーフレームを使用してテキストをアニメーションにできます。

[コントロール]>[変換]の下のプロパティのリストには、すべて横に灰色の円があります。プロパティのキーフレームをオンにするには、その円をクリックして白にし、最初のキーフレームを設定します。

テキストレイヤーの期間中、キーフレーミングがオンになっているプロパティの隣に新しい値を配置することができます。白い円のあるプロパティの隣の値を変更するたびに、新しいキーフレームが設定されます。テキストは、異なる値を持つキーフレーム間で移動、拡大、回転、またはフェードします。

トランスフォーム

シンプルなテキストフレームを追加する

メディアパネルにある「新規作成」をクリックして、新しい「プレーン」を作成します。プレーンとはタイムライン上で使えるレイヤーのようなメディアのことで、形や色を自由に変更できます。今回はテキストの下に表示されるテキストボックスを作りたいので、横長のプレーンを1つ作成し、タイムラインに設置、そのプレーンをコピーしたものをその上のタイムランに配置します。

「選択ツール」を使うとビューアから直接プレーンの形とポジションを変更することができます。2つのプレーンの大きさとポジションを調整し、少しずれるようにして重ねます。2つのプレーンともブレンド(コントロールパネルのクリッププロパティにある)モードを「加算」に変更します。

テキストフレーム

タイトルをインポートして、ビューアの「テキスト」アイコンをクリックしてテキストパネルで文字の大きさなどを調整します。

テキストのパラメーター

下記のようなタイトルが作成できました。

テキストフレーム完成